自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2012年 8月

瑕疵担保保障の第三者検査合格!

昨日、8月30日 瑕疵担保保障に伴う構造躯体の検査を受けました。指摘無く合格でした。

外壁に雨の侵入を防ぐ防水紙を施工行いました。これで雨の侵入は無くなり一安心ですね。

P1060530.JPG

防水紙を施工してくれているのは、サイディング職人の瀬川さんです。家づくり舎ファミリーでは、サイディングを施工する事は少なく、瀬川さんには主に防水紙と土台水切りの施工をお願いしています。

 

防水紙の施工は、長くても2日で終わる工事です。中には貼ってあるだけの現場を目にする事もありますが、決して侮ってはいけません。防水紙の施工は、モルタルやサイディングといった仕上げの施工と同等の大切な工事なのです。

 

そもそも、家づくりをする過程で適当で良い仕事など 一つもありませんよね。

 

松戸市T邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月31日

外には、遮熱性のある防水紙を施工!

宮代町 O様邸の外壁の雨仕舞が完了しました。

外に貼っている銀色の紙、これが防水の役目を果たします。この紙の施工がしっかりしていると仮に外壁にクラックが入っても雨漏れの心配がありません。(当然クラックなど起こらないよう施工しますが)

P1060514.PNG  

さらに、家づくり舎ファミリーのお勧め仕様では、この銀色の防水紙を使っています。実は遮熱性のある紙で、外気温や日射を受けて暑くなった外壁の熱を遮ってくれるという優れもの!

 

屋根にも同じ性能の商品を使っています。 当然、当初のコストは上がってしまいますが、日々の光熱費が違ってきます。

 

家づくり舎ファミリーが家づくりに置いて大切にしている事の1つに、住んでからのコストが抑えられる家という考えがあります。

家づくりをする上で、どんな人でも限りある予算で検討します。しかし、工事金額だけでコストを判断している人が多いと感じております。当然ですよね、私達と同じ立場の造り手側の考えが工事金額のコストを最優先しているのですから。

 

このブログを読んでいただいている方にお願いです。光熱費の事、メンテナンス費用の事、さらには健康の事も考えて家を建ててください。その先にある家が本当のローコストであると思います。

 

P1060455.JPG

P1060487.PNG

内部は、床を貼り傷がつかないよう しっかり養生します。

 

そしていよいよ週末は60%完成現場見学会です。お待ちしています。

宮代町O邸WEB現場見学会はこちら 宮代町O邸60%完成現場見学会のお知らせ

LINEで送る

2012年8月30日

松戸市T様邸 断熱工事

松戸市 T様邸の断熱工事がもう少しで完了です。

P1060437.JPG

施工の確認に行きましたが、問題ありません。さらに、現場もちゃんと綺麗にしてくれています!

P1060435.JPG

手前味噌ですが、家づくり舎ファミリーの職人さんは良い人が多く 特にいつもお願いする大工さんはみんな現場を綺麗にしてくれます。

感謝ですね。 

 

 

現場で林大工さんと打ち合わせを1時間くらい行いましたが、その時にとても心地よい風が家の中を抜けていきました。T様邸の土地の環境がもたらす効果であると思いますが、T様と一緒に考えた間取りはこの風が良く通る間取りになっています。

 

通気断熱WB工法・珪藻土・自然素材・環境のもたらす風の効果でとても心地よい家が出来そうですね!

 

松戸市T邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月22日

宮代町 O邸断熱工事

宮代町 O邸の工事は内部の断熱工事が始まっています。

 

屋根・壁・天井に隙間なく断熱材を充填していきます。弊社で採用している材料はスタイローフォームという断熱性に優れた物です。

P1060422.JPG

しかし、それだけではありません。家づくり舎ファミリーのお勧めする工法の一つ通気断熱WB工法を採用しています。

P1060419.JPG

ご存じない方・聞いた事がある方・興味のある方  ぜひ9月1日~2日の60%完成現場見学会にご来場ください。

 

宮代町O邸WEB現場見学会はこちら 宮代町O邸60%完成現場見学会のお知らせ

LINEで送る

2012年8月22日

北本市 Y邸上棟!

去る8月20日月曜日 天気は良好!

北本市Y様邸が上棟いたしました。

今回の構造は、国産杉の柱と米松の梁、土台は国産ひのきです。

P1060412.JPG

最初に柱を立て、2階の床を支える梁を組んでいきます。

P1060417.JPG

家の坪数も少し大きい為、本日の建て方をお願いしている職人さんは総勢8人+レッカー車

P1060427.JPG

屋根の組み方は、登り梁りを多用した形状でシンプルなデザインです。

P1060432.JPG

最後に道路側から見上げると、良い表情ですね!

Y様 上棟おめでとうございます。今後ともよろしくお願いします。

 

北本市 Y邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月22日

蓄熱層のグリ石を敷きこみました。

北本市Y様邸の基礎もいよいよ 完成に近づいてきました。

P1060362.JPG

Y様邸は地熱利用のジオパワーシステムです。その中の大切な工事の1つとして、このグリ石の敷き込みがあります。

P1060365.JPG

この蓄熱層に地中の恩恵を受けた空気が通る為、グリ石を綺麗に洗う必要があります。土汚れ一つ逃さず小林土木さんが綺麗にしてくれました。

P1060360.JPG

手作業で丁寧に余分な隙間が空かないよう敷き込んでいきます。

 

今日も朝から暑い一日ですが、とても元気な小林社長! 見習わないといけませんね。

 

北本市 Y邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月7日

松戸市T様邸 屋根下地施工

今週月曜日に上棟した松戸市T様邸。現在 屋根下地を施工中です。本日中には完了し 明日屋根の防水紙(ルーフィング)を施工します。

P1060356.JPG

屋根の下地が終われば、日陰ができます。もう少しです頑張って!

P1060354.JPG

明日からは、屋根施工の職人さんが屋根の上に行きます。神谷瓦工業さんにはベテランの職人さんもいます。十分注意してください。

 

本当に暑い日が続いており、職人さんにも昼はしっかり休むように話しをしています。

 

疲労が蓄積された体では、良い仕事はできません。

『しっかり休んでしっかり仕事をする』 当たり前ですが、以外に当たり前ではない環境で仕事をしている職人さんもたくさん いるようです。

 

工期を守る事はとても大切です。しかし、工期が最優先では・・・・  ね。

 

松戸市T邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月3日

無垢杉材の野地板

宮代町O様邸の屋根工事が進んでいます。

P1060294.JPG

まずは、屋根の垂木

 

次に野地板を貼ります。

P1060335.JPG

野字板(屋根の下地)といえば、合板を使う事が一般的に多いのですが、弊社は瓦葺きの場合 無垢杉材の野地板を採用しています。

通気をしっかり取る事で、屋根下地の結露対策にはなるのですが より良い無垢の杉板を使います。(通気をとっていないと、雨漏れでもないのに野地板が腐る場合も・・・)

 

 

P1060340.JPG

現在、瓦葺きの施工中です。

『この屋根の上で寝っころがると、きもちよさそうだなぁ~』

 

宮代町O邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月2日

北本市 Y邸基礎工事

Y邸の基礎工事も順調に進んでいます。

P1060289.JPG

先日、耐圧板のコンクリートを打った後、乾いてから木の枠を組みます。

P1060307.JPG

基礎と土台・基礎と柱を締結する金物(アンカーボルト・ホールダウン金物)の位置を確認しながら施工します。

P1060347.JPG

その後、コンクリートを打って乾いて木枠をバラシます。

流石、綺麗な仕上がりですね!

 

明日より、地中熱利用GEOパワーシステムの配管工事に入ります。

 

北本市 Y邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月1日

松戸市T様邸 上棟しました。

7月30日 松戸市T様邸が上棟いたしました。

 

P1060315.JPG

朝、八時からスタート

まずは、無垢国産ひのきの柱を立てていきます。

 

P1060316.JPG

そして、梁材 無垢米松を組み上げていきます。この上に24mmの合板を施工し お昼休み!

なかなかの暑さです。

 

P1060321.JPG

昼食・水分をしっかりとり、休憩し 午後からは2階に移ります。

午後からは風が吹いてきて、だいぶ助かりました。

 

P1060325.JPG

4時くらいに、屋根組みが完了し 清掃・後片付けを行い 上棟完了いたしました。

P1060329.JPG

暑い日が続いています。屋根仕事は大変な時期ですが 林大工さんよろしくお願いします。

 

松戸市T邸WEB現場見学会はこちら

LINEで送る

2012年8月1日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください