自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2013年 7月

光冷暖リフォーム

弊社事務所兼自宅に光冷暖を導入するリフォームをしています。

2013-07-29 15.44.34

することは

●内装の壁・天井に専用のセラミック入り漆喰を塗る

●温冷水を流すラジエターを設置する(外部にヒートポンプを設置)

以上です。

8月中には完了する予定です。

エアコンとは全く違う、別次元の冷暖房システム「光冷暖」を是非体感しに来てください。

LINEで送る

2013年7月30日

桶川リフォーム

桶川市S様邸のリフォーム工事をしています。

 IMG_0453IMG_0455

玄関周り、水周りを造り直します。

この工事が終わると、この奥にS様の息子さんご家族の新築工事が始まります。

二世帯にわたっての工事依頼をいただきました。

S様皆様、しっかり努めてまいります。

よろしくお願いいたします。

LINEで送る

2013年7月29日

松戸リフォーム

松戸市T邸のリフォーム工事をしています。

 IMG_0451 IMG_0452 IMG_0450

一階DK+和室を自然素材いっぱいのLDKに変身させます。

床・壁・天井を剥がし、構造や断熱を一から見直します。

雨漏りしていた屋根も剥がし、大きなバルコニーを造ります。

出来上がると全く別の空間が出来ますよ!

是非完成をお楽しみに!

それにしても今年は特に、大規模リフォームのお話をたくさんいただきます。

消費税の影響でしょうか?

 

LINEで送る

2013年7月28日

60%完成見学会

さいたま市岩槻区M様邸の60%完成見学会を開催しました。

 IMG_1147

事前にメールで予約いただいた方

ダイレクトメールの方

チラシを見て来ていただいた方

OBのお施主様

今回も色々な方に来ていただきました。

皆さん、真剣に家づくりを考えておられる方ばかりで、じっくりと見学して頂きました。

日曜日はお昼を食べる時間も取れずにご説明をさせていただきました。

何か家づくりの参考になれば幸いです。

秋には100%完成見学会も行います。

是非ご参加ください。

 

 

LINEで送る

2013年7月25日

光を入れるリフォーム

鶴ヶ島市のN様邸のリビングに光を入れるリフォーム工事が終わりました。

 IMG_0409 IMG_0407

「明るくなると同時に、雰囲気も良くなって良かった」と言っていただき、嬉しかったです。N様、お世話になりました。

階段との境の壁に木の枠を組み、ポリカーボネイトで採光。

階段上の東側に窓を新設し、光をリビングに入れる、といった作戦でした。

ちょっとカフェぽっくなりました。

 IMG_0408

リビング・玄関周りには珪藻土を塗りました。

家族の手形をペタリ。

小学生のお子さんたちも貴重な体験だったと思います。

「いろんなおじさんが来て面白かった。特に左官屋さんが面白かった。」

だそうです、柿本君!(弊社左官職人)

 

LINEで送る

2013年7月15日

遮熱の家

さいたま市岩槻区の現場で外壁に防水紙が貼られました。

 IMG_0395

雨の侵入を防ぐための防水紙なんですが、弊社の防水紙は銀色です。

これは普通の防水紙(白色)にアルミを蒸着しています。

そうすることにより、真夏の太陽のすさまじい熱線を反射して、建物に入ってくる熱を遮熱してくれます。

弊社は外壁だけでなく、屋根の防水紙もアルミ蒸着の遮熱防水紙を使用しております。

出来上がったら全く見えなくなってしまう部分ですが、実は住み心地の質を左右する大事なポイントです。

年々暑くなる夏を、いかに省エネに快適に過ごすか、これはもう個人だけの問題ではないと思います。

まず、なるべく建物に熱を入れないことで、冷房負荷は格段に下がります。

 

そして断熱材をどのように入れていくのか、ということもとても重要です。

 IMG_0396

これはバルコニーの下の断熱材です。

南側のバルコニーは、夏とてつもなく熱くなります。

そこをしっかり断熱してあげないと、熱が建物にかなり入ってきます。

弊社では、バルコニー下は通常よりも断熱レベルを意識的に上げております。

断熱材の種類に関心が行きがちですが、どんな断熱材にせよ、正しく施工をするということが何より大事だと思います。

 

LINEで送る

2013年7月1日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください