自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2016年 4月

さいたま市西区西遊馬の家 外壁漆喰左官工事

さいたま市西区西遊馬のY様邸の外壁仕上げであるスペイン漆喰を塗りました。

天気も穏やかで左官工事には最適の一日でした。

左官職人さん5人に集まってもらい今日一日で一気に仕上げました。

IMG_2528 IMG_2529

ヨーロピアン瓦とまっ白い漆喰のコテむらの壁に包まれたプロバンス風の外観になりました。

IMG_2535

LINEで送る

さいたま市西区Y様邸 外壁下地のモルタルを塗りました。

さいたま市西区Y様邸

外壁下地のモルタル塗りが終わり、仕上げの漆喰塗りまでしっかり乾燥させるため

2週間ほど乾燥期間を設けています。今週末に仕上げに入っていく予定です(^^)

IMG_8130

IMG_8098

素焼風のカラフルな瓦に真っ白な漆喰・・とっても素敵な家になるだろうと、今からワクワクしています(^^)

 

 

中の大工工事では、壁と天井の下地である石膏ボードが貼られ、建具枠などが次々と取り付けられています。

▽1階リビングの天井の様子。梁を見せる仕上げとなります。

IMG_8131

 

▽玄関周りの様子。写真左奥は収納スペースとなり、シューズクロークやクローゼット、

物置きとして活用されます。

IMG_8133

アーチのついた、素敵なアール壁になる予定です。こちらも仕上がりが楽しみです。

千葉

LINEで送る

松戸市河原塚の家 工事進行中


松戸市河原塚のS様邸の工事が進んでおります。

電気設備工事が終わり、現場発泡ウレタンの断熱工事が終わったところです。

今日は現場にてお施主様と造作建具のデザインや外構工事の打ち合わせを行いました。

IMG_2527

仕様内容は一通り決まっておりますが、現場での再確認はとても重要だと感じております。

LINEで送る

松戸市河原塚S様邸 工事状況

着々と工事が進む松戸市河原塚S様邸。

外回りは遮熱機能のある防水シートの上に、

胴縁と呼ばれる細長い木材を一定の間隔で躯体に取り付ける作業をしています。

 

IMG_7929

 

IMG_7937

この胴縁はとても重要な役目があります。

胴縁の上に外壁材を施工していくのですが、躯体と外壁材の間に隙間を作ることによって、

常に新鮮な空気が流れる状態を保つことができるのです。

これにより壁の内部に湿気が溜まったりカビが発生したりするのを抑えて乾燥した状態を保ち、

建物の耐久性を増すことができます。

建物が完成するとこれらは完全に見えなくなってしまいますが、

裏方で建物の寿命を支えるとても大切な役割をしているんですね。

 

 

内部では石塚電設さんによる電気配線工事が行われています。

IMG_7936

 

▽屋根裏部屋での作業の様子。天井高が少々低いなかでの作業、ご苦労様です。

IMG_7933

 

電気配線工事は、

照明器具が設置される予定の位置まで配線を引いたり、

コンセントやスイッチのボックスを取り付けたり・・・といった内容です。

 

特にコンセントやスイッチは、生活動線に絡むものになります。

「ここにもう1個コンセントがあったらよかったな」

「この照明のスイッチはこっちにあったほうが使い勝手がよかったな」

など。住み始めて「しまった!」ということが極力ないようにしたいものですね。

 

我々もそういったことを念頭におきつつ、お施主様にヒアリングを行い、

提案していかなければいけないなと思います。

住み手になった気持ちで、より使い勝手がよくなるようにいろいろな可能性を

探っていくことが必要だと思います。

 

千葉

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください