自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2018年 5月

断熱工事の施工状況『夏涼しく冬暖かい』省エネ住宅 さいたま市大宮区 A様邸

さいたま市の大宮区 A様邸の断熱工事を行いました。

断熱工事は専門の職人さんに施工してもらいます。使う材料は高性能グラスウール16Kを壁に10.5cm、屋根に21cmを充填します。

しかし、断熱材をたくさん入れれば、省エネ住宅になるという単純な事ではありません。

断熱材を隙間なく施工する技術と知識があって本当の省エネ住宅となり『夏涼しく冬暖かい』環境が出来上がるのです。

IMG_2934_R

いつもの信頼できる断熱工事専門の会社に、職人さんを指定して来て頂いております。この現場で何件目でしょうか?家づくり舎ファミリーの『想い』をとても良く理解してくれていて、有難い限りです。

 

施工中の様子動画です。ご視聴ください。

このように、1枚1枚計りながら隙間なく充填施工します。

gwma10

しかし、この施工方法は日本でもっとも多く使われている【袋入りグラスウール】では不可能なのです。

 

 

IMG_2957_R

20年前は北海道でしか見かけなかった【裸のグラスウール】を2人の職人さんが3日間かけて施工します。

 

IMG_2961_R

最後に気密シートと気密テープで断熱材側に湿気が入り込まないように施工して断熱工事が完了します。

 

 

住宅と密接な関係があるこんな事実を知っていますか?

〇室温が16℃以下の環境にいると免疫力が低下すると言われている事をご存知でしょうか。

 (癌などのリスクも高まります。)

〇ヒートショックでの死亡者が交通事故の死者より多い事をご存知でしょうか。

 (年間19,000人で交通事故死者の4倍です)

〇ヒートショックでの死亡者数で日本は世界で断トツ一位である事をご存知でしょうか。

 (寒い洗面所と熱湯風呂の寒暖差が危険です)

〇先進国の中で、日本は断熱に関する基準がまだまだ低い事をご存知でしょうか。

 (その低い基準ですら守れていない建築業界)

断熱効果

 

『高気密高断熱は高いし、そんなの贅沢だし費用がかかるから普通の家で良い』

なんて、お考えの方へ

◎日本で造られている最も多い一戸建てはエネルギーコストがかかります。

◎エネルギーコスト差額 ✖40年 > 高気密高断熱施工費という計算式が成り立ちます。

◎断熱性能の低い家は医療費がかかる可能も高くなります。

◎断熱材の施工が粗悪であれば、高温多湿の日本では家は短命になります。

 

人生100年と言われる時代です。

 

家を建てる時には、ぜひ50年後・60年後の事まで考えてください。

 

LINEで送る

電気配線工事 さいたま市大宮区 A様邸

昨日の5月17日より、さいたま市大宮区A様邸にて電気配線工事を行っております。

IMG_2888_R

お施主様とは、図面上での提案打ち合わせを着工前に行います。さらに、電気配線工事を行う直前に現場にて再度打ち合わせを行うようにしています。

IMG_2892_R

電気の配線位置を図面だけで決めるという事は、難しく

 

私たちでも現地を見ながら『こっちの方が良いのでは?』などと変更する事もしばしばあります。

 

【実際の空間に立って、位置を確認する】 とても大切な事ですね。

LINEで送る

さいたま市緑区 T様邸 地鎮祭

去る、5月13日に地鎮祭を行いました。

2018-05-13 013_R

天候が心配されましたが、地鎮祭中に雨が降ることも無く少し晴れ間ものぞかせる良い日となりました。

2018-05-13 018_R

T様との出会いは、弊社の情報が掲載されている雑誌からの資料請求でした。

 

そのあと、事務所や見学会に来場し、家づくり舎ファミリーがお勧めする家づくりに共感して頂きました。

 

これから、基礎工事が始まり6月中旬から後半にかけて上棟を予定しております。

 

『大切な家づくり』

期待に沿えるよう、期待以上を目指して工事いたします。

LINEで送る

さいたま市緑区 T様邸 地縄張り

5月12日に地鎮祭を予定している、さいたま市緑区 T様邸の地縄張りを行いました。

IMG_2822_R

基礎工事を行う小林土木さんと一緒に、建物を作る位置に地縄を張ります。

配置図だけでは距離感が分かりにくいので、着工前に位置を確認していただく為の物です。

IMG_2824_R

6月には上棟を予定しており、11月には完成の予定です。

 

T様邸も、現在施工中の大宮区A様邸・6月に始まる越谷市K様邸と同じZEH水準をクリアする断熱性能です。

なぜ、ZEH水準の家をお勧めするのか!

なぜZEH水準の家を建てる決断をするのか!

 

興味のある方は、ぜひ6月2日、3日のさいたま市大宮区A様邸構造見学会にご参加ください。

完全予約制の為、連絡なく来場いただいても内覧ができませんので予めご了承ください。

なお、まだ予約に空きはありますがご希望の日時が定員オーバーになる場合もございますので、ご予定がお決まりでしたら早めの申し込みをお勧めします。

 

詳細はこちら

LINEで送る

さいたま市大宮区A様邸 順調に進んでいます。

A様邸の工事状況ですが、順調に進んでおります。ブログが上棟から止まっておりました。申し訳ありません。

IMG_2762_R

屋根や外壁の防水紙も終わりサッシも取付が完了しております。

IMG_2763_R

これで、雨の影響を受ける心配がなくなりました。

IMG_2768_R

基礎断熱の施工も良く、清掃も行き届いていますね。

 

 

先日、電気配線工事や壁・屋根の断熱工事が始まる前に、お施主様とも現場で電気配線の確認打ち合わせを行いました。

 

お施主様には、ベースとなる電気図面を事前に渡してあり、生活をイメージして希望を考えておいていただきます。

その希望を伺いながら一緒に最良の方法を考えたりするので、お施主様の意向を改めて知る事ができる場となります。

 

やっぱり、図面だけでは想像できない事が多く とても大切な打ち合わせだと感じますね。

 

お施主様の発想があって、より良いアドバイスができます。ぜひ、家を建てる方は工務店・設計事務所・ハウスメーカーにお任せではなく一緒に考えてください。

LINEで送る

家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください