自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ雨の流れ方を理解していない

雨の流れ方を理解していない

以前施工させていただいた、草加市M様のご実家の改修工事をご依頼いただきました。

 

在宅リフォームである事と片付けして頂きながらの工事の為、2期工事に分けて作業する事になりました。

結果的に4期くらいになってしまいましたね。(笑)

 

ご要望の中で、既存のガレージのシャッターを車が2台入るように入れ替えたいという事があり、色々と話を聞いてみると、

屋根部分の勾配が少なく雨が溜まってしまう事や、樋が付いているが樋に雨が入っていないなど問題もあり、全体的に改修する事になりました。

 

工事内容としては、

屋根部分に勾配のとれる下地を作り防水層を作り直す工事

役立たずの雨樋を撤去し、雨水経路を確保する工事

シャッターを交換する工事

 

大きく3項目ですが、それに関わる、板金処理や外装工事下地工事、水道工事などもあるので3週間程度かかります。

 

IMG_2208_R

こんな感じの鉄骨で造られたガレージです。ぱっと見は、そんな問題があるように見えませんね。

IMG_2207_R

雨の日に上からみると水たまりがあります。防水も傷んで剥がれてます。

 

IMG_2387_R

最初の工事は、問題の雨樋を撤去し立上りの壁を造ります。これは、シャッターを上にあげる為にも必要な工事です。

IMG_2472_R

木下地で勾配を作り直して、上から防水層を造ります。雨水の逃げ道は一番低い部分に桝を設けて母屋の排水と結びます。

IMG_2543_R

シャッターを設置します。着工前にもわかっていたことですが、鉄骨が曲がっていて施工が非常に難しかったのです。しかし、職人さんの技量で無事完成。

 

IMG_2548_Rこのあと、扉回りも同系色で塗装して完成となりました。

 

今回の工事で、それなりの費用を頂戴しております。

 

最初の段階で

 

防水の勾配をしっかり確保できていたら

車の高さに対して配慮があったら

もう少し丁寧に仕事をしていたら

 

頂戴した費用の半分で済んだかもしれません。

 

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください