自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2019年 6月

さいたま市で建てるスキップフロアの家

現在、打ち合わせ中のさいたま市N様・I様邸は、2世帯住宅です。

30坪の土地に4人家族と奥様のご両親2人が同居し、車も1台しっかり停める事が条件。

 

そして、家族団らんなどのN様・I様の家に対する『想い』をしっかりと伺いました。

その『想い』をコスト面や法律規制を踏まえ限られた敷地の中で、最大限の可能性を考えた結果、スキップフロアでの設計となりました。

DK内観パース②

スキップフロアは、コストが上がりやすい側面もありますが、作り方次第で使い勝手が良く住みやすい家になります。

内観パース2

3次元CAD(立体パースが作れたりします)を使ったプレゼンで空間を認識していただくように努めました。

スキップフロアは、平面図だけでは認識が難しい空間です。

視覚的にイメージを共有していただく為にも必要不可欠ですね。

 

しかし、スキップフロアは、施工も難しいですが3次元CADも難しかったです。

断面パース

これは、少し前の提案の断面パースですが、このように階層が複数になるので、部屋ごとに高さ設定をしなければいけないのです。

ちなみに、3階建てのように見えますよね?

でもこれ2階建てなんです。

 

敷地条件・お施主様の希望や要望が違えば、同じ家になるという事はありません。

本来は、そうですが

近年の日本の家は、3LDKとか4LDKという概念に捕らわれすぎているように思います。

 

自分達にあった家がどんな家なのか。考えたことはありますか?

 

家づくりとは、共同作業です。

建築会社の言いなりでも駄目ですし、逆にお施主様の言いなりでも駄目です。

 

私たちと一緒に探してみませんか?

 

興味のある方は、

お試しプランニング

家づくり相談会

小冊子プレゼント

OB宅見学会

 

から お問い合わせください。

LINEで送る

宮代町 自然素材で作る平屋の家

家づくり舎ファミリーが提案する家は、長期的に考えた上での本当のローコスト住宅です。

20181013-1

その実例として、冬温かく夏涼しい家のランニングコストが安く自然素材で作った平屋の家があります。

お施主様のご厚意により弊社のトップページにこの家を舞台にした動画を作りました。

見ていただけると弊社がどんな会社か分かっていただけるかなぁと思います。

 

douga 1

ちょっとわかりにくいので写真を参考に見てください。

douga 2

 

 

 

 

 

 

ところで、このブログをご覧の方で、家を維持する費用を考えたことはありますか?

 

光熱費のランニングコスト

断熱性能の低い家に住むと、贅沢と思われていた高気密高断熱が実は経済的という事をご存知でしょうか。

 

外装の維持管理

コストの安い屋根材や外壁材を使う事で、20年後、30年後の改修工事が膨大になる可能性がある事をご存知でしょうか。

 

室内温度環境

冬の室内温度が、10°Cを下回る家に住んでいる先進国は日本くらいなのをご存知でしょうか。

冷えは万病のもとです。お金には変えられないものも奪ってしまいます。

 

これはほんの一例です。

興味のある方は弊社のホームページをご覧いただきお問い合わせください。

LINEで送る

2019年6月19日

さいたま市 土地探しから考える自然素材の家

さいたま市 S様よりキッチン水栓交換のご依頼がありました。

キッチンに装備された浄水器を使っておりましたが、水栓を交換する必要がある浄水器を購入された為です。

無事完了し、設置はご自身でも出来る簡単な物でしたが説明しながら設置までさせていただきました。

 

R0010930

S様宅は、今から8年前に新築工事をさせていただきました。

 

もう8年も経つんですね。私も、家づくり舎ファミリーに入社して2年くらいだったと記憶しています。

P1060057

S様宅に伺うた度に思い出される事があります。

相談をいただいてから土地購入までが、目まぐるしく早いピッチだったという事です。

 

まだ、何も決まっていない最初の打ち合わせでした。

せっかく遠くから来ていただくのだから具体的な提案でシュミレーションした方が良いと土地の情報収集も行いました。

(当時S様は宇都宮市にお住まいでした)

 

探した土地情報で、とても良い物件が値段も手ごろ そして駅近くでS様の希望エリアにピッタリでした。

しかし、好条件が整いすぎて、いわくつきでは?なんて事も思いながら、シュミレーションだからとその土地で間取りや資金計画を作成しました。

P1060393

午後からの打ち合わせだったと思います。

2時間程度、希望・要望を聞きながら作成した資料を基に説明していくと、さらにこの土地がS様にピッタリ合うと感じました。

 

せっかくだからとその土地を一緒に見に行く事に、越谷市の事務所から車で45分移動し現場に到着!

 

ますます、良い土地。

正直ここまで、条件が揃っている土地は滅多にお目にかかれません。

 

S様と お話しをして、仲介される不動産業に連絡。

 

すると、まだ売り出しを始めたばかりとの事。

 

そのまま不動産業者の会社に同行し、資料なども見せていただきました。

 

 

土地の状況や条件は、本当に問題無い良い物件です。

今だから言えますが、この土地を逃したら、この後検討する土地の多くが見劣りしてしまうだろうと 感じておりました。

土地の条件に問題が無い事をS様にお伝えし、お勧めすべきか本当に悩みました。

 

私たちがお勧めするか悩んでいる間に、S様ご夫妻も悩んでおりました。

当然ですよね、初めて話を聞いてその日に土地を買うかどうかの判断までしないといけない。

 

たしか、18時くらいになっていたように思います。

 

そして、S様ご夫妻は私たちや不動産業者さんに質問を色々した上で・・・

 

 

購入する決断をされました。

 

 

今でも、あの時は大変だったとお話しされますが、「決断して良かった、良い家に住めて良かった」と言っていただいております。

P1060399

私も、この2年後に土地を購入し家を建てました。

経験して、改めて思う事ですが土地の購入は本当に難しいです。

 

当たり前ですが、2つと同じ土地はありません。

チャンスを逃さない事。

土地から探される方には本当に切実な事です。

 

だからこそ、土地からさがされる方は

土地を探す前に家づくりの計画を具体的に検討する事をお勧めします。

 

弊社のシステムでお試しプランニングがあります。ぜひお問い合わせください。

S様工事中のブログはこちら

 

LINEで送る

宮代町の平屋の家 子供部屋を区切る

今から、7年前に引渡しさせていただいた宮代町のO様より子供部屋を区切る壁の相談を頂きました。

間仕切り壁は子供たちの為ですから、子供たちも交えて色々と打ち合わせを行いました。

 

R0010684_R

お引渡し当時、一番上のお子さんが年長さんで、二番目のお子さんがまだ歩き始めでしたね。

 

R0010693

家づくりののお手伝いをさせていただいた当時は、一番上のお子さんで年長、2番目のお子さんはまだ歩き出したくらいでしたから、

子供たちからも色々な希望や意見があり、時の流れをつくづく実感します。

 

とりあえずの提案書を作成し、予算と実際の使い方を踏まえて二回目の打ち合わせで

ある程度の方向性がまとまりました。

 

時期はまだはっきりしておりませんが、子供たちは楽しみにしているようです。

工事が始まりましたらブログに掲載したいと思います。

 

宮代町O様邸の施工実例はこちら

LINEで送る

2019年6月15日

坪数×単価金額 で建築予算を決めてはだめです。

先日、家づくりの相談をいただいているご家族と、住宅設備機器のトクラスさいたまショールームに行ってきました。

 

IMG_6059_R

キッチンやお風呂は、実際に見る事を打ち合わせの早い段階で行うようにしています。

 

例えば、キッチンを対面キッチンではなく アイランド型に変えたい

例えば、お風呂を大きくしたい

 

 

このような変更が、間取りや予算に大きく影響するからです。

弊社では契約後の追加工事が発生しないよう、出来る限りの想定して打ち合わせします。

 

 

 

ところで、

建築予算を、この式で考えていませんか?

 

① 坪数 × 単価金額  = 建築予算 

 

せめて、

② 坪数 × 単価金額 + 付帯工事 = 建築予算

 

もう一つ足して

③ 坪数 × 単価金額 + 付帯工事 + 諸費用 =建築予算

 

世の中の多くは、こんな式で計算しているのではないでしょうか?

 

 

しかし、この式に当てはめた契約をしても

「 追加 追加で・・・ 安いと思って依頼したのに・・・  」なんて話もよく聞きます。

 

私は、

坪数 × 単価金額  の部分が不思議でなりません。

 

間取りが違えば、屋根・外壁の面積やドア・窓の数も違います。

内装壁・天井の面積も違います。柱の数も違います。

 

 

この式を成り立たせる方法は、

坪数 × 単価金額 +利益率の高い追加工事  ではないかと思います。

 

家づくり舎ファミリーの式は

詳細積算金額 + 詳細積算付帯工事 + 諸費用 = 建築予算  です。

LINEで送る

2019年6月7日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください