自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2019年 8月

住み心地の良い家を造るには、窓の事を考えましょう。その②

前回、窓の種類などの話をしました。

 

窓の性能だけでは、本当の住み心地の良い家にはなりません。

 

日本の家は、南側に大きな窓を設ける事を良しとしています。

もちろん、日差しの入る家の方が良いですよね。

 

でも、壁と比べて窓は外の暑さ寒さを中に取り入れてしまう部分でもあり、大きければ良いという事だけでは駄目なのです。

 

他にも、西側や北側にも平気で大きな窓を使ったり、窓の数がやたらと多い家をよく見かけます。

 

 

窓の配置をしっかりの計画すれば、窓の数が少なくても、風は抜けますし明るい家になりますよ。

実現するためには、設計力が必要不可欠です。

 

南側の窓は、適度な大きさで冬の日差しを取り込み夏は庇やすだれで日差しを避ける工夫をする。

西側の窓は、風通しができる範囲で西日を避けるように小さい窓を配置する程度にする。

東側の窓もあまり大きくない方が良い。(一昔前は朝の陽ざしを取り込む考えもありましたが、近年の夏の朝の陽ざしを考えると・・・)

北側の窓もあまり大きくない方が良いですね。(西日の影響は北側まで回ってきます。)

 

これは、一つの例です。

間取りや近隣の環境、敷地と方位や道路との関係によって考える必要があります。

 

窓の事を考える上で大切な事は、性能の良いサッシを使い、環境を考慮しバランスを考えるという事です。

 

 

 

日本のサッシの性能は、ドイツなどの断熱先進国と比べると10年以上の遅れがあります。

しかし、良い家を建てたいと思っている施主さんが増え、良い家を造りたいと思っている工務店が徐々に増えています。

 

家づくり舎ファミリーでお勧めしている、YKKAPのAPW330樹脂サッシの金額も徐々に下がってきました。

燃費計算をして、長い目で見たローコスト住宅を提供しています。

LINEで送る

2019年8月27日

住み心地の良い家を造るには、窓の事を考えましょう。その①

皆さんが、住んでいるところには必ず窓があると思います。

5e510c2fef9a292249beda57d30af344

唐突ですが、家づくりをする上で窓の事を考えていますか?

 

 

窓には色々な種類がある事をご存知でしょうか。

 

C3B1C8C48EBB8EAF8EBCC1C8B9FE8EBB8EDD8ECC8EDF8ED9C0DABCE8

日本で一番多く使われている窓は、アルミ製サッシで1枚ガラスです。

 

img_01

築年数が20年以下であれば過半数がアルミ製ペアガラスサッシ

 

 


img_0111そして、近年増えているのが、アルミ樹脂複合ペアガラスサッシ

さらに、ペアガラスの性能を上げる為、フィルムが貼ってあるLOW-Eガラス

さらにさらに、ガラスの空気層にアルゴンガスが入っている物

 

 

 

6c11aa5d6f841d3eb318f3f16c02b034

そしてもう一段上には、樹脂製サッシや木製サッシがあります。

 

性能が上がれば、値段もあがるのは当然ですが

性能が高く値段が高い窓を選ぶ事は贅沢なのでしょうか?

 

結論を先に話しますと、性能の低く安い窓が一番の贅沢です。

 

例えば、アルミ製ペアガラスサッシの費用が100万円だとします。

弊社でお勧めしている、樹脂製サッシ+LOW-E+アルゴンガスサッシの費用が180万円だとします。

 

80万円も高いのだから、贅沢と思われますか?

 

家は末永く住む物です。

この二つの家の年間光熱費の差額が、25,000円あるとしたらどうでしょう?

25,000円 × 30年 =750,000円

 

差額がたったの5万円。しかし、30年経てば、電気代・燃料代はもっと上がるでしょう。

物価も上昇しますよね。

30年続けば間違いなく逆転します。

 

電力会社やガス会社に払わずに大切な我が家に費やしてください。

 

これは、目に見える費用です。

温度の安定した家に住めば、寒暖差による体の負担が軽減され健康になります。

 

【冷えは万病のもと】

 

家づくり舎ファミリーでは、20年後も30年後も その先も考慮した提案をしています。

 

次回その②として、窓の位置についてお話します。

LINEで送る

2019年8月23日

桶川市 K様邸 外装改修工事が始まりました。

8月17日、桶川市K様邸の外装改修工事が始まりました。

 

K様は、以前新築工事をさせていただいたS様からのご紹介です。

弊社の仕事を評価いただいてのご紹介は、有難く励みになります。

期待に応え、期待以上の仕事を心掛けて参ります。

 

まずは、足場を架けます。

IMG_7182_R

この日は、今年一番の暑さでした。

職人さんも、休憩をしながら作業を進めます。

IMG_7222_R

この写真は、塗装作業に入った8月21日の写真ですが、このようにシートを4面設置して足場は完成です。

 

本日、不要なエアコン配管カバーの撤去や、雨樋の破損部分の修復をしながら、一通りの点検を行いました。

 

IMG_7219_R

塗装工事も本日から作業に入っています。

 

塚原塗装さんよろしくお願いいたします。

LINEで送る

三隣亡って知っていますか?

三隣亡は『さんりんぼう』と読みます。

 

大安や友引などの六曜が載っているカレンダーには、記載がある場合があるので見たことがある人もいると思います。

こんな感じです。

豊橋木の家 10月三隣亡

三隣亡は、建築や不動産の業界であれば知っている人も多いでしょう。

 

この日は、家を建てる事などに関わる事は大凶日と言われています。しかし、月に2~4日ありその都度工事をストップする事はしておりません。着工日や地鎮祭、上棟日を避けるというのが一般的に多いように思います。

 

しかし、この三隣亡の由来には江戸時代書物に書かれた【三輪宝】が語源という説があり、当時は 屋立て良し、蔵立て良しと 全く逆であったと言われています。

 

不思議ですね。

 

 

さらに、大安や友引などの六曜についてですが

根拠のない迷信から出来ており、仏滅が不吉な日というわけでは無いそうです。

 

だから、三隣亡も仏滅も関係無いとは言いません。

 

人それぞれ、考え方や思いは千差万別です。

気になる人は、日を選んだ方が良いです。

 

私達も工事の段取りやご契約日などには、三隣亡や仏滅を避けています。

 

家づくりは工場生産などと違って、仕上がりに人の心が大きく影響します。

お施主様はもちろんですが、作業する職人さんや出入りする業者さんそして私たちも気持ちよく一生懸命に家を創る。

 

その為には、このような昔からのいわれ事も軽視してはいけないように思います。

LINEで送る

2019年8月20日

桶川市T様邸 障子紙をワーロン紙に張替え

お引渡しから今月でちょうど4年になる、桶川市T様より障子紙についての相談がありました。

 

元気な男の子と女の子のお子さんがいるT様邸では、障子紙の寿命は短かったようです。

 

小学1年生だった男の子も、もう5年生だから次は多少寿命が長いと思う部分もありましたが、

破れにくい障子紙が希望という事で、ワーロン紙をご提案しました。

IMG_6610_R

ワーロン紙とは俗名ですね。

正確には、株式会社ワーロンが製造しているワーロンシートです。

IMG_6611_R

この製品は、和紙を薄い塩化ビニールで挟んだもので、とても丈夫です。

見た目も普通の障子紙と区別がつきません。

光の透過性にも違和感がない優れものです。

 

親の気持ちとしては、綺麗な状態で保持できる障子紙は魅力ですが、

障子紙は、破けやすいから注意が必要だ  という事も知って欲しいし

破ってしまった時の感情や状況も経験して欲しいと思ってしまいます。

 

だから、T様にはワーロンシートを新築時に勧めた方が良いというアドバイスもいただきましたが、

希望がなければワーロンシートを提案しないような気がしています。

 

そう言いながらも、私の自宅はワーロンシートを使っています。

このブログを読んでいただいた方で、私に質問された方にだけ理由をお教えします。

(大した理由ではないので、期待はしないでください。)

LINEで送る

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

 

今回、ご紹介する+Oneは 平屋+ロフトの家です。

20181013-1_R

昨年の2月にお引渡しした 宮代町S様邸は、住宅地の決して大きくな土地での平屋建てです。

4人家族ですが、無駄を極力排除し坪数はロフト階を含めて26坪です。

 

間仕切り壁のほとんどないこの空間を、1年中 快適な環境で生活するには高断熱性能が必要不可欠です。

これから国が進めていきたいZEH(ゼロエネルギーハウス)基準を大きく上回り、外皮性能UA値は0.43です。(ちなみに基準は0.6以下)

 

この家に設置した冷暖房設備は、24帖用のエアコン一台です。

昨年の寒い冬と暑い夏をこれだけで我慢する事無く快適に生活しております。

20181013-8_R

 

この性能があって、はじめて大空間の設計ができます。

 

 

リビング上部は、屋根の形なりに勾配天井。

 

階段を上がった小屋裏スペースは高いところで180cmあり十分な部屋になります。

20181013-26_R

納戸、W・I・Cを家の中心に配置する事で使い勝手を考慮

納戸は、ご家族4人で頑張って漆喰を塗っていただきました。

IMG_1986_R

 

木製玄関ドアや造作の下駄箱、木製の玄関ポーチなどのアクセントを随所にちりばめたS様らしさが溢れた家に仕上がりました。

 

20181013-3_R

一番この家を象徴し、この家に大きな印象を与えたのは

20181013-20_R

 

この造作キッチンです。

高さ、幅、奥行きの寸法はもちろん、シンクやコンロなどにも拘った唯一無二のオリジナルキッチンです。

 

自然素材で作る平屋の家にオリジナルキッチンを+One

このキッチンを中心に生活する空間があり、自然とコミュニケーションが取れますね。

LINEで送る

家を建てたい30~40代の不安解消!    家づくり舎ファミリーの『人生100年時代を見据えた家づくりのノウハウ』ですべてを解決できます。

これからの家づくりを考える30~40代の世代の方々はどんなことを考えていくべきでしょうか?

info@iedukuri.jp_20161031_103434 

家を建てるということは、この先の将来を考えるということを意味しますよね。「これからの日本はどうなる?」「これから私たちはどうなる?」この漠然とした悩みは今の30~40代全員が抱えていると言っても過言ではありません。年金は?社会保障は?税金は?物価は?給料は?・・・先を考えると不安になる要素が多い世の中なのかもしれません。加えて「空き家問題」「超少子高齢化」「人口減少」「人生100年時代」など、人類がこれまでに経験したことの無い世の中が待ち受けていることは確かです。こんな時代の家づくりとは・・・?

 

 

 

〇今だけ住宅に対する警鐘

 なんだか不安を煽る言葉を並べてしまいましたが、こんな時代だからこそこれから家づくりをされる方には、今までの常識に疑いの目を持つ必要があると思うのです。例えばご自身の親御さんたちが建てた家。子供たちが自立し気が付けば実家の2階は使わない部屋ばかりになってしまった、など。「昔はよかったけど、今はねえ~」ということはありませんか?私は現在50代ですが、母が施設に入り実家が空き家になっております。

 目先の今だけを考えてつくる家を「今だけ住宅」と呼んでおりますが、この「今だけ住宅」に警鐘を鳴らします。人生100年時代を迎えて、今まで以上に長い目を以て家づくりを考えることが重要になってきております。

 

 

〇住宅あるあるを解決するプランニング

 弊社ではこんな時代、どんなところに注意したらいいのかというノウハウをたくさん家づくりに反映させております。例えば土地の話。一般的に南道路は日当たりが良いからいいよね、という価値観は存在します。逆に北道路は建物に囲まれて日当たり悪くていやだよね、ということもよく聞きます。けれどもどうでしょう?北道路の土地でも、そこに建つ建物の中に入ってみたら明るくて開放的でその上プライバシーが保たれてる。なんてことがあったら・・・。北道路の土地は南道路の土地に比べ相対的に坪単価は安いです。南道路や近隣の環境にこだわりすぎるとなかなか条件の合う土地を見つけることが難しくなります。土地の周りの環境にあまり左右されない家が造れたら・・・。

例えばこんな発想ですが、この場ではお伝えしきれないたくさんのノウハウがあります。

 

 

詳しくお知りになりたい方には定期的なミニセミナーを開催しております。ミニセミナーは月に2回、2組様限定ですのでお早めにご連絡ください。

申込はこちら 『大切な資産を無駄なく有効に、長く豊かに暮らせる家づくりセミナー』

LINEで送る

2019年8月10日

和室の塗り替えと畳表替え 越谷市千間台西 T様改修

キッチンなどの入れ替えを踏まえた改修工事をきっかけに定期的に家のメンテナンスでご相談をいただく、

千間台西T様より、和室の壁と畳の改修についてのご相談をいただきました。

 

元々壁は聚楽調のビニールクロスです。

最初の工事部分的に珪藻土を使っていたこともあり、和室の壁は珪藻土で仕上げる事になりました。

 

箪笥や荷物は、移動させるスペースが無いので真ん中にまとめて施工します。

IMG_6375_R

満タンに収納された箪笥は、重い!移動も一苦労です。

 

 

IMG_6378_R

 

畳も表替えを熊本産畳表に変えていただいたのですが、工事日当日携帯電話を事務所に置き忘れて写真を撮ってません。すみません。

 

珪藻土や漆喰にも色々な種類がある事をご存知でしょうか?

ホームセンターに販売されている珪藻土や漆喰は、一般の人が塗りやすいように作られており、自然ではない素材が配合されている場合が多くあります。

 

その商材が悪いという事ではありませんが、本当の自然素材がもたらす効果が無いという事は知っておく必要があります。

例えば、珪藻土でも調湿作用が無いとか

例えば、漆喰でも強アルカリにより消毒効果が無いとか

 

自然素材のブームはとても良い事です。しかし、ブームにのった模倣品が横行する事も事実です。

ぜひ、良い物を使ってください。

LINEで送る

自然素材で作る家は補修が簡単です。

6年前に新築させていただいた、北本市 Y様より壁に穴が空いてしまったという連絡をいただきました。

 

扉のドアノブが壁にあたり、下地の石膏ボードを破壊してしまったようです。

 

ここには、マグネット式のドアストッパーがあり、ドアノブと壁がぶつかる事はありません。

IMG_6373_R

 

奥様からは

当時、ご主人が相当ご立腹で、勢い良くドアを開けてしまったようです。

 

しかし、私も初めて見ました。かなりのスピードとパワーだったんでしょう。

 

 

部分的に穴が塞がれば十分という事でしたので、

仕上がりの質は問わないという条件の上、

私が施工する事にしました。

 

ボードの穴埋めを行い、左官で仕上げます。

IMG_6381_R

 

全面的に塗っていないので多少の段差が出ますが、乾くと色は同じようになるので気にならなくなります。

 

 

 

Y様には、「何でもできるんですね」と言っていただきましたが、私のやっている事は誰にでもできる事だと思っています。

 

自然素材の壁や床のメンテナスは簡単です。

方法を知っている事と、『やってみよう』という気持ちがあればある程度の範囲は、自分自身でメンテナスができます。

 

弊社で作った壁と床のメンテナンス動画です。

漆喰壁の補修方法

無垢の床補修方法

 

この動画では、このブログで紹介している壁の補修は出来ませんが、延長上にあります。

自分の家のちょっとした事は、業者に依頼するのではなく自分自身で補修してください。

 

きっと、今以上に自分の家が好きになります。

LINEで送る

越谷市の空き家 補修工事はすべきか。

先日、電話で 「屋根の軒下の穴を塞いでほしい」 という連絡がありました。

 

「費用は、どれくらいでしょうか?」とも質問されましたが、見ないとわからないのでそのように伝えると

「あまり高いとお願いできないから」

「来てもらって頼まないと悪いから」

 

お困りのようですし、拝見するだけで費用は掛からない。

見積もり後に断っていただいてもかまわない。

 

といった内容を伝え、拝見に伺いました。

見ると軒裏のべニアが腐食し、剥がれ落ちている状況です。

IMG_6178_R

剥がれている箇所は3か所ですが、

数か月でさらに広がる可能性がある状況。

IMG_6179_R

「現在、この建物には住んでいない。売却の相談を不動産業者にしていて、売却決定後に解体をする予定があるので、簡易的な処置をして欲しい」

「ご近所さんのお話で、穴から鳥が出入りしていて近所に迷惑がかかるから」

 

売却を相談している不動産業者は、建築も行う会社ですがこの件は対応して頂けなかったそうです。

 

 

住まない家で、時期が未定とはいえ解体の予定がある

簡易で塞ぎたいという気持ちは良くわかります。

 

しかし、現在剥がれている3か所以外も剥がれる可能性が極めて高く

全体的に改修をしないと、いたちごっこのように工事をする事になってしまいます。

 

簡易にその部分だけを補修するにしても

職人2人+材料費+諸費用

 

その場で方法を考えてみましたが、ベストな方法にたどり着く事ができない為、少しお時間をいただく事にしました。

 

職人と写真や状況の説明をし、補修方法や作業時間など打ち合わせを行いました。

やっぱり、安易な施工方法は出来ない。

これが弊社の結論でした。

 

 

〇簡易な補修では数か月持たない可能性がある事

〇安心できる工事をすると費用がかなり掛かる事

〇解体予定の家に費用をかける事に対しての必要性について

 

などのお話をして、今回工事をする事は見送るという事になりました。

 

この事柄から色々な事を考えさせられました。

①住まなくなった家の維持管理ついて

②古い家で立地が良くない家の売却の難しさ

③住まないのに、解体すると固定資産税が高くなるため壊せないというジレンマ

④家の事を相談できる会社を探す事の難しさ

⑤家の定期的なメンテナンスの必要性

 

弊社は、新築工事だけでなく改修工事も行います。

 

人が健康診断を行うのと同じで、家も定期的な診断が必要です。

弊社で建てた家以外でも、診断は可能です。

 

長く安心する為にも、診断をお勧めします。

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください