自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ高気密高断熱の家は、贅沢なのだろうか?

高気密高断熱の家は、贅沢なのだろうか?

家づくり舎ファミリーでお勧めしている家づくりは、高気密高断熱の家です。

IMG_2961_R

断熱性を上げるには、使う断熱材やサッシは高価になりますし、隙間なくしっかりと施工する技術力が必要です。

 

弊社の場合 一昔前の目標基準であった、次世代省エネ基準(この基準に満たない家もたくさんあります)

をクリアする家よりさらに上の断熱性をお勧めしています。

 

次世代省エネから弊社お勧めの断熱性に上げた場合の差額は約150万円程度になります。(30坪程度の家)

 

『断熱性に150万円もかけるなんて贅沢だ!』

 

と思われますか?

IMG_1601

 

弊社では、日本エネルギーパス協会認定のソフトを使って燃費シュミレーションを行っています。

次世代省エネ基準の家と弊社でお勧めしている家の年間でかかる電気代・ガス代等の

 

ランニングコスト差額は、

約60,000円 

(もちろん、立地や建物の形状で異なるのでおおよそ数値です)

 

10年 ✖ 60,000 = 600,000円

20年 ✖ 60,000 = 1,200,000円

25年 ✖ 60,000 = 1,500,000円

 

なんと、25年目には、最初にかけなかった150万円を支払わなければならないのです。

 

もちろん、家は25年後に建て替えませんよね。

その先も ずーっと 電気代・ガス代を払い続ける事になります。

 

さて、断熱性の高い家は 贅沢でしょうか?

 

 

さらに、断熱性の高い家は、室内の温度差が少なく体への負担が軽減され、免疫力も上がります。

医療費だって人生のランニングコストです。

 

 

 

家づくりにかかる資金の計画は、とても大切です。

しかし、総額や月々の支払だけで考えていませんか?

 

住宅ローンの支払いは、完済すれば終わりますが電気代・ガス代は一生払い続けます。

 

 

家づくり舎ファミリーは、断熱性の高い家は贅沢ではなく本当のローコスト住宅だと考えます。

 

LINEで送る

2019年12月17日,
家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください