自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

2021年 1月

外壁の下地まで、順調に進みました。

1月21日に、外壁の下地が完了しました。

2021-01-21 14.33.55

付加断熱の上にベースコートとメッシュを塗り込み、シーラー塗装までが下地工事となります。

2021-01-21 16.52.31

養生期間もほとんど不要な為、翌日の22日に仕上げの左官工事を予定しておりました。

しかし、23日土曜日の天気予報には雨マークがあります。

さらに、日曜にかけて雪に変わるとの予報!

 

左官職人さんと、打ち合わせをして22日の工事は断念する事にしました。

来週にも雨や雪予報がありますので、天気予報を見ながら職人さんとの調整が必要ですね。

2021-01-21 16.45.08

 

明日は、『しあわせを育む家づくりセミナー』を聞いて頂いた方を東松山市M様邸にご案内の予定ですので、今晩から明日朝にかけての雪が積もらない事を祈るばかりです。

 

3月には、完成見学会を予定しております。

日程は2月中旬には告知できるかと思いますので、ぜひ申し込みください。

LINEで送る

東松山市M様邸では、外壁仕上げの工事が始まります。

本日より、外壁仕上げ工事がスタートしました。

2021-01-18 10.08.57

家づくり舎ファミリーの基本仕様としている外壁材は、付加断熱(EPS)の上に直接左官塗りを行う工法です。

 

ベースコート材をEPSを留め付けているワッシャー部分を平らにならします。

2021-01-18 10.13.03

土台水切りとの間や、出隅などにはコーナー材を一緒に塗り込む事で、通りがまっすぐとなり綺麗な仕上がりができます。

お願いしている職人さんは、養生も丁寧に施工してくれます。

 

 

ところで、

左官屋さんの良し悪しの判断基準って、一般の方では分かりませんよね。

施工技術で判断するのは難しいので、簡単で参考になる要素をお教えします。

 

それは、

『作業中の養生が綺麗である事』

そして、

『車や道具が整頓されている事』

 

昔から言う『段取り8分』が、垣間見える部分ですね。

 

信頼できる職人さんに作業を依頼する事も、私たちの責務だと考えます。

LINEで送る

ユニットバスの設置工事

東松山市M様邸では太陽光パネル設置と同日の1月16日に、ユニットバスの工事も行いました。

2021-01-16 15.08.05

色々なメーカーさんも回られた中で最終的に選択したユニットバスは、

タカラスタンダードのプレデンシアでした。

大きな特徴は、浴槽がホーロー製であるという事ですね。

2021-01-16 11.03.01

当初、浴槽に浸かっている時に肩あたりから流し湯が出る某メーカーの製品を検討されていました。

 

そもそも、お風呂やキッチンは、好みが千差万別であるので最終的にはお施主様が判断する事が良いと考えています。

しかし、勝手に考えてくださいではなく、判断するために必要な情報や考え方などのアドバイスも行っており

その中で、この流し湯が出る製品に関して、将来起こり得る機械の故障やメンテナンスなどを考えると「どうかなー」と思い、そのお話をさせて頂きました。

 

さらに、ホーロー浴槽の快適性がM様の要望に合うのではないかと考え、一度ショールームで見てみたらどうでしょうかという流れで、今回採用となりました。

 

家の性能(断熱性・気密性・耐震性・高耐久・施工品質)に責任を持つ事は物づくり業としてとても重要です。

しかし、家づくりにはプラス【そこに住む家族との対話】も必須となります。

 

まだまだ、学ぶことも多く完璧なアドバイスなど出来る人間ではありませんが、

その家族の事を自分自身に置き換え創造するように、心掛けています。

LINEで送る

東松山市M様邸にて太陽光パネルの設置工事を行います。

1月16日に、太陽光パネルの設置工事を行いました。

朝は少し雲が見えましたが昼頃にはとても暖かい日となりました、1日通して風も無く太陽光パネルを設置するにはとても良い1日でした。

弊社で採用している太陽光発電システムは、カナメソーラーです。

2021-01-16 10.47.42

カナメソーラーは、屋根材メーカーの太陽光部門です。屋根材を扱う責任として、屋根に穴を開けずに太陽光パネルを取り付ける事を重要と考えている会社です。

 

その志しや、担当頂いてる永井さんの姿勢も含め弊社としては一番お勧めしているメーカーさんです。

耐風計算を根拠に金物の強度数量、配置を検討してくれます。

その検討結果を参考に、現場で位置を確認しながら、金具を固定していきます。

 

弊社では、年々巨大化する台風などを考慮し、カナメソーラーさんの基準より2割増しで金物を設置しています。

2021-01-16 11.43.17

金具が取りついたら配線作業です。

隠れてしまう部分で、性能には大きな影響は与えませんが垂れ下らないようにインシュロック固定を行う事を心掛けて施工してくれていますね。

 

2021-01-16 14.08.35

金具設置と配線の下準備が完了しました。

あとは、パネルを屋根まで上げて取り付けしていくだけです。

とは言っても1枚約20kg そして今回は28枚あります。

2021-01-16 15.05.01

クレーンで釣り上げて運びます。

 

2021-01-16 16.21.47

正面の化粧カバーを取り付け、太陽光パネル設置施工が完了しました。

終わるころ、風が強くなり日も沈みかけ急激に気温が下がってきました。

 

トラブルも事故もなく、工事完了となりました。

山下板金さんありがとうございました。

 

弊社では、太陽光パネルの取り付けを屋根施工をお願いしている職人さんに依頼しています。

自社施工、自社管理を徹底する事でコストダウンに努めておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

 

ところで、

太陽光発電システムって載せた方が良いの?

なんて質問も良くいただきます。

 

太陽光発電の売電価格を10年間(または20年間)固定買取をする制度「FIT」は、2012年に始まりました。太陽光発電促進の為に作られた制度で、当初は1kW/hの買取価格が48円と驚きの金額でした。

しかし、年々さがり、今年度は21円 そして来年度は18円になると言われています。

 

「もう採算が合わないから太陽光発電は、もったいない!」

なんていう人もいるようです。

しかし、知ってほしい事があります。

それは

売電価格が下がりましたが、太陽光発電システムの費用も大きく下がっている為、

10年程度で太陽光発電システム費用分のメリットが取れる可能性が十分あるという事。

 

家づくり舎ファミリ-では、家の性能(断熱性・気密性・耐震性)を落とすことなく、太陽光発電システムを設置する事が可能なのであれば、搭載する事をお勧めしています。

LINEで送る

さいたま市緑区 H様邸が始まります。

埼玉県さいたま市緑区 H様邸の新築工事が始まります。

2021-01-15 10.43.58

現在、建築確認申請しており今月末には通知になり2月には着工を予定しております。

2021-01-15 10.45.51

本日は、位置の確認や現場状況を事前に打ち合わせする為、基礎工事をお願いしている小林土木さんと地縄張りを行いました。

 

 

H様は、今から約1年前に行った『さいたま市緑区の完成現場見学会』で初めてお会いしました。

土地探しのお手伝いから始まりましたが、

コロナによる最初の緊急事態宣言中であったりとなかなか難しく心労された事でしょう。

土地と建物での総予算や希望とのバランスなど、多くの事を悩み考え

最終的に弊社を選んでいただいた事、本当にありがたく思います。

 

当初は、ご夫婦2人でしたが昨年末に3人家族になりました。

『家族のしあわせ育む家』

となれるようH様と一緒に創造して参ります。

 

まずは、これから約6か月

宜しくお願い致します。

LINEで送る

勾配天井の空間が見えてきました。

東松山市M様邸のリビングダイニングは小屋裏スペースを使い勾配天井で仕上げます。

 

本日、石膏ボードの施工が完了し仮設の足場板を外しました。

自画自賛ですが、いい空間です!
写真 2021-01-14 10 46 26

 

勾配天井を通して2階とつながっている空間は広がりがありながら落ち着いた空間となります。

写真 2021-01-14 10 46 59

ただし、このような空間を作る場合は絶対に断熱性を重視してください。

最低でも、UA値=0.46 くらいは必要です。

 

M様邸は、UA値=0.27 です。

 

しかし、UA値が良い=暖かい家

とは、なりませんので注意!

 

太陽を味方にした設計が必要です。

ちなみに、夏は太陽を極力避けなければなりません。

 

断熱性能が重要な事は、多くの方が知るようになりました。

しかし、日射取得、日射遮蔽も重要です。

そして、気密性 C値も絶対条件です。

 

意匠性と断熱性とさらに耐震性は、選択制ではありません。

全部必要だと思います。

LINEで送る

軒裏のレッドシダー羽目板を自然塗料で仕上げます。

東松山市M様邸では、外部の付加断熱施工が完了し軒裏のレッドシダー羽目板の塗装が行われました。

2021-01-08 12.58.45

玄関ドアで採用されている、モクホゴ ウッドエイド カラーA を使いました。

外観に木を外に使う事で、雰囲気がとても良くなりますね!

2021-01-08 12.58.22

しかし、やみくもに木を使うと施主様に将来負担を掛けてしまいます。

メンテナンスの回数が少ない

もしくは、メンテナンスが簡単でプロに依頼しても安価で済む

2021-01-08 12.58.11

長く住む家だからこそ、

目先のカッコ良さだけで家をデザインする事は

無責任だと思います。

LINEで送る

謹賀新年

昨年は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本年も宜しくお願い致します。

 

現在、コロナ感染者数は増加傾向にあり埼玉県では昨日1日369人と最多の数となりました。

皆様も十分に感染対策をされていることと思います。私達、家づくり舎ファミリーでも感染対策を行っておりますが、長い自粛期間と感染対策で少し緩んでしまっているところがないかを今一度確認し徹底していく所存でございます。

 

弊社事でございますが、1月の仕事始めに全てのOB様宅に挨拶回りを行っております。

しかし、今回の状況を考えるとOB様宅を回る事は感染対策と真逆の行動になってしまうと考え、やむを得ず延期する事と致しました。

 

年始に会えることを楽しみにしていると言っていただける方も多く、本当に恵まれた中でお仕事をさせていただいております。

 

再開の時期は、コロナの状況で変わってしまいますが、春先又は初夏などに回れる機会を模索したいと考えておりますので、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

また、個別での相談、打ち合わせは感染対策を徹底する事で可能と考えておりますので、何なりとお申し付けください。

現在、工事中・打ち合わせ中の皆様へ置かれましても、十分な感染対策を行い取り組んでまいりますので、ご安心いただければと思います。

 

 

厳しい年始となりましたが、ワクチンなどの光も見え始めております。

皆様にとって、弊社にとって、良い一年となりますよう祈念いたします。

 

有限会社家づくり舎ファミリー 代表取締役 谷田貝

LINEで送る

2021年1月6日
家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください