自然素材・高気密高断熱の注文住宅|埼玉県越谷市の家づくり舎ファミリー

Homeブログ高気密高断熱は、現場での施工技術力、知識力が必要です。(さいたま市緑区H様邸)

高気密高断熱は、現場での施工技術力、知識力が必要です。(さいたま市緑区H様邸)

さいたま市緑区H様邸の断熱施工もあと2日間となりました。

現在は、断熱の充填が終わり、気密施工に入っています。

2021-04-28 13.12.59

高気密高断熱への関心が高まり、外皮熱貫流率Ua値の事をご存じの方も増えてきました。

全国区で宣伝する規模のハウスメーカーさんでも、Ua値を具体的に示すようにもなりました。

 

とても、良い事ですね。

日本の断熱水準は、世界の先進国と比較して圧倒的に低いので、建築業界全体の意識が変わりはじめているような気がします。

 

しかし、気密施工への取り組みがされていないのか、隙間相当面積C値を示す建築会社は少ない。

2021-04-23 12.12.33

写真のようにシートを貼り、テープを貼り、隙間になりそうな部分(配管廻りや、剛床との隙間、サッシ廻り等々)を徹底的に処理しなければならない為、費用がかかります。

 

でも、Ua値に費用を掛けてC値の費用をケチってしまうと、断熱の効果は半減してしまう事をご存じでしょうか?

 

 

弊社では、Ua値=0.3w/㎡以下を推奨しています。

しかし、家の性能はUa値だけで決まるわけではありません。

同時に、C値=0.5c㎡/㎡以下が必須です。

2021-04-26 11.14.31

隙間があるという事は、穴の開いたダウンジャケットと同じ事です。

 

ぜひ、家の性能をUa値だけで判断しないでください。

高気密高断熱とは、高気密と高断熱なのですから!

 

この現場で断熱施工現場見学会を開催します。ぜひ、実物を見にご来場ください。

申し込みは、以下のページからどうぞ。

さいたま市緑区 H様邸『断熱施工現場見学会』

LINEで送る

家づくり舎 家づくり舎