自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ

さいたま市緑区三室 基礎工事

先週より基礎工事が始まりました。

IMG_7553_R

まずは、先日施工した杭の天端が見える高さまで土を掘ります。

この高さが基礎の一番下部分の砕石層になります。
IMG_7554_R

堀った土を搬出しながら、砕石を敷き詰めていきます。

 

 

家を造る工事で、適当で良い作業など一つもありませんが、基礎はとても重要な工事です。

信頼できる職人としっかりと打ち合わせを行い、状況を確認しながら作業を進めます。

 

上棟日を11月19日で予定しています。

基礎の工事途中も内覧可能です。興味のある方は、ご連絡ください。

 

LINEで送る

和瓦の雨漏り対策 草加市 M邸

昨年に改修工事をさせていただいた、草加市M様邸で雨漏りの相談をいただきました。

 

押入天袋の壁から染み出ており、状況から考えて屋根からの可能性が極めて高いと考え、瓦屋さんに確認いただき熨斗(のし)瓦を積み替え、漆喰を入れ替えるという工事をする事になりました。

 

熨斗(のし)瓦とは、瓦の天辺にあたる部分です。

noshi06

 

 

ちなみにこれも同じ漢字で熨斗(のし)ですね。

mv_noshi_01

この熨斗瓦を支えている下地が泥という事をご存知ですか?

 

最近は違いますが、40年以上前の熨斗瓦の下地は泥で施工されています。

そして、熨斗瓦と平瓦の隙間を漆喰で埋めるという施工方法が昔から行われていました。

 

しかし、この中の泥が乾燥し、隙間が出来た時に漆喰にも亀裂が生じて雨漏れの原因になってしまうのです。

 

近年は、

IMG_7497_R

熨斗瓦の下も全てこの材料を使い、その問題を解決しています。

 

 

漏れている可能性のある部分の熨斗瓦を外してみると水染みが確認できます。

IMG_7495_R

 

 

IMG_7496_R

 

この周辺を施工しました。

IMG_7499_R

IMG_7500_R

勾配を確認し、隙間の無いように施工します。

IMG_7501_R

熨斗瓦を戻して、番線で縛り完了です。

 

今回、施工した部分は黒い色ですが、数日後には色が抜け施工していない白い部分と同系色になります。

 

 

9月上旬の台風の後に相談をいただき、施工をさせていただきました。

その後の日本全体に大きな災害をもたらした10月12日の台風でも、雨の侵入が確認できなかったので

一安心といったところです。

LINEで送る

さいたま市緑区 地盤改良工事は何が良いか。

さいたま市緑区 N様・I様邸の新築工事がスタートしました。

 

先日の地盤調査により、地盤の強度が弱く木造2階建てを建築する場合は補強が必要という結果になりました。

 

地盤調査の事は以前のブログで書いております。興味のあるかたはこちらもご覧ください。

 

 

杭工事には、色々な種類があります。

柱状杭、鋼管杭、表層改良

近年は砕石の杭、シート工法、スクリューフリクションパイル工法なども

 

どれが良い悪いというよりも地盤に何が適しているかという事が大切だと思います。

 

地盤調査の専門業者に調査を依頼し、調査を基に適正な杭の方法を検証した上で改良杭の選定と施工業者の選定を行います。

 

至極当たり前の事ですが、そうでもない現実がありますね。

(そのことは別の機会にブログで書きます。)

 

今回採用した工法は、スクリューフリクションパイル工法にあたる ピュアパイル工法です。

ピュアパイル工法の説明はこちらを参照ください。

IMG_7506_R

この機会を使い、穴を開けながらコンクリートの杭を作ります。

IMG_7512_R

 

 

IMG_7514_R

ちょっと見えにくい写真ですが、中にコンクリートが詰まっています。

 

この杭の大きな特徴は、コンクリートと土を混ぜない事です。

 

 

おそらく、柱状改良杭が日本で一番施工されている工法だと思いますが、柱状改良杭はコンクリートと土を混ぜて固めます。

さいたま市緑区の地中には腐植土が出る事が多いと言われています。(この土地も実際の掘って腐植土を目視しています。)

 

腐植土がある場合は柱状改良杭の強度が出にくいというデータがあり、その事も考慮しピュアパイル工法を選びました。

 

 

家づくり舎ファミリーでは、何故その材料を使ったのか、何故その工法を使ったのかを、メリットデメリットを踏まえ説明するようにしています。

 

これも至極当たり前のはずです。

LINEで送る

さいたま市緑区 地鎮祭を行いました。

数日前から、台風の影響が気になり天気予報をこれでもかというくらい確認して過ごしていました。

N様・I様の地鎮祭を9時から予定していた為です。

IMG_7435_R

早朝の雨も止み、地鎮祭の時には風も強くなく秋晴れとなり、地鎮祭日和となりました。

流石、秋分の日って思いましたが、調べてみると秋分の日が晴れる確率はそれほど高くはありませんでした。(笑)

IMG_7445_R

N様・I様 本日は地鎮祭おめでとうございます。

これから、工事に入りますが信頼に応え、

家づくり舎ファミリー及び各協力業者 一丸となり

期待以上の家を創るよう励んでまいります。

 

 

 

地盤調査を20日に行い結果が今週中旬には出ます。地盤の補強が不要であれば、10月入って基礎着工となります。

 

地盤調査について過去のブログに掲載しております。

浦和美園の地盤は弱いのか?

合わせてご覧ください。

LINEで送る

さいたま市緑区 N様・I様邸 解体工事

解体工事が始まっています。

IMG_7391_R

足場とシートを架けて飛散などの対策を行います。

IMG_7393_R

9月9日から始まった解体工事も本日で完了。

IMG_7421_R

解体するには、まだ早い築年数ではありますが、2世帯で住みたいという事や、解決しない雨漏りなども建て替えを決断された理由です。

また、冬寒く、夏暑い 断熱性能の低さなども住み心地も要因でしょう。

 

I様ご主人からうかがった雨漏りしている部位は、雨により腐食が進みシロアリにより一部柱が無くなっている状況でした。

意匠性を優先し、雨仕舞を軽んじている施工だったと思われます。(それほど良い意匠とは感じませんでしたが・・・)

 

この後、来週の月曜日に地鎮祭を行い、基礎工事がスタートします。

LINEで送る

桶川市 T様 無垢の床にマジックが付いた時の対処方法

桶川市T様から ラインで画像と相談の連絡がありました。

 

『玄関の床に、油性マジックが垂れてしまった。』

IMG_7225_R

なかなか大胆な垂れ具合ですね~

 

T様には、弊社で引き渡し時にプレゼントしているメンテナンスボックスを遡って差し上げておりました。

IMG_7841

そこには、マジックなどの落書きを消す方法も入っておりますので、自分自身で補修ができるから大丈夫です。

とお伝えしました。

 

その後の報告をいただきました。

 

まずは、メンテナンスボックスに入っている、エタノールスプレーを吹きかけてしばらく放置。

その後、ウエスなどで叩くようにふき取る。

IMG_7224_R

すると、染み込んでいないインクを分解してくれて少し薄くなります。

(シンナーの方が効果的ですが、木が傷んでいしまうのであまりお勧めしません。)

 

 

あとは、サンドペーパーでひたすら削る!

IMG_7223_R

マジックのシミが消えました。

削った部分と、削っていない部分で色が変わってしまいましたが、数か月で経年変化により目立たなくなります。

 

無垢の床は、このように自分自身で補修ができます。

 

家の補修などが、自分自身で行えると家に【愛着】がわきます。

この【愛着】は、家を長命にする大きな要素だと思います。

 

30年後、40年後も自分の家に【愛着】が持てる。

そんな家を提供しています。

LINEで送る

住み心地の良い家を造るには、窓の事を考えましょう。その②

前回、窓の種類などの話をしました。

 

窓の性能だけでは、本当の住み心地の良い家にはなりません。

 

日本の家は、南側に大きな窓を設ける事を良しとしています。

もちろん、日差しの入る家の方が良いですよね。

 

でも、壁と比べて窓は外の暑さ寒さを中に取り入れてしまう部分でもあり、大きければ良いという事だけでは駄目なのです。

 

他にも、西側や北側にも平気で大きな窓を使ったり、窓の数がやたらと多い家をよく見かけます。

 

 

窓の配置をしっかりの計画すれば、窓の数が少なくても、風は抜けますし明るい家になりますよ。

実現するためには、設計力が必要不可欠です。

 

南側の窓は、適度な大きさで冬の日差しを取り込み夏は庇やすだれで日差しを避ける工夫をする。

西側の窓は、風通しができる範囲で西日を避けるように小さい窓を配置する程度にする。

東側の窓もあまり大きくない方が良い。(一昔前は朝の陽ざしを取り込む考えもありましたが、近年の夏の朝の陽ざしを考えると・・・)

北側の窓もあまり大きくない方が良いですね。(西日の影響は北側まで回ってきます。)

 

これは、一つの例です。

間取りや近隣の環境、敷地と方位や道路との関係によって考える必要があります。

 

窓の事を考える上で大切な事は、性能の良いサッシを使い、環境を考慮しバランスを考えるという事です。

 

 

 

日本のサッシの性能は、ドイツなどの断熱先進国と比べると10年以上の遅れがあります。

しかし、良い家を建てたいと思っている施主さんが増え、良い家を造りたいと思っている工務店が徐々に増えています。

 

家づくり舎ファミリーでお勧めしている、YKKAPのAPW330樹脂サッシの金額も徐々に下がってきました。

燃費計算をして、長い目で見たローコスト住宅を提供しています。

LINEで送る

2019年8月27日

住み心地の良い家を造るには、窓の事を考えましょう。その①

皆さんが、住んでいるところには必ず窓があると思います。

5e510c2fef9a292249beda57d30af344

唐突ですが、家づくりをする上で窓の事を考えていますか?

 

 

窓には色々な種類がある事をご存知でしょうか。

 

C3B1C8C48EBB8EAF8EBCC1C8B9FE8EBB8EDD8ECC8EDF8ED9C0DABCE8

日本で一番多く使われている窓は、アルミ製サッシで1枚ガラスです。

 

img_01

築年数が20年以下であれば過半数がアルミ製ペアガラスサッシ

 

 


img_0111そして、近年増えているのが、アルミ樹脂複合ペアガラスサッシ

さらに、ペアガラスの性能を上げる為、フィルムが貼ってあるLOW-Eガラス

さらにさらに、ガラスの空気層にアルゴンガスが入っている物

 

 

 

6c11aa5d6f841d3eb318f3f16c02b034

そしてもう一段上には、樹脂製サッシや木製サッシがあります。

 

性能が上がれば、値段もあがるのは当然ですが

性能が高く値段が高い窓を選ぶ事は贅沢なのでしょうか?

 

結論を先に話しますと、性能の低く安い窓が一番の贅沢です。

 

例えば、アルミ製ペアガラスサッシの費用が100万円だとします。

弊社でお勧めしている、樹脂製サッシ+LOW-E+アルゴンガスサッシの費用が180万円だとします。

 

80万円も高いのだから、贅沢と思われますか?

 

家は末永く住む物です。

この二つの家の年間光熱費の差額が、25,000円あるとしたらどうでしょう?

25,000円 × 30年 =750,000円

 

差額がたったの5万円。しかし、30年経てば、電気代・燃料代はもっと上がるでしょう。

物価も上昇しますよね。

30年続けば間違いなく逆転します。

 

電力会社やガス会社に払わずに大切な我が家に費やしてください。

 

これは、目に見える費用です。

温度の安定した家に住めば、寒暖差による体の負担が軽減され健康になります。

 

【冷えは万病のもと】

 

家づくり舎ファミリーでは、20年後も30年後も その先も考慮した提案をしています。

 

次回その②として、窓の位置についてお話します。

LINEで送る

2019年8月23日

桶川市 K様邸 外装改修工事が始まりました。

8月17日、桶川市K様邸の外装改修工事が始まりました。

 

K様は、以前新築工事をさせていただいたS様からのご紹介です。

弊社の仕事を評価いただいてのご紹介は、有難く励みになります。

期待に応え、期待以上の仕事を心掛けて参ります。

 

まずは、足場を架けます。

IMG_7182_R

この日は、今年一番の暑さでした。

職人さんも、休憩をしながら作業を進めます。

IMG_7222_R

この写真は、塗装作業に入った8月21日の写真ですが、このようにシートを4面設置して足場は完成です。

 

本日、不要なエアコン配管カバーの撤去や、雨樋の破損部分の修復をしながら、一通りの点検を行いました。

 

IMG_7219_R

塗装工事も本日から作業に入っています。

 

塚原塗装さんよろしくお願いいたします。

LINEで送る

三隣亡って知っていますか?

三隣亡は『さんりんぼう』と読みます。

 

大安や友引などの六曜が載っているカレンダーには、記載がある場合があるので見たことがある人もいると思います。

こんな感じです。

豊橋木の家 10月三隣亡

三隣亡は、建築や不動産の業界であれば知っている人も多いでしょう。

 

この日は、家を建てる事などに関わる事は大凶日と言われています。しかし、月に2~4日ありその都度工事をストップする事はしておりません。着工日や地鎮祭、上棟日を避けるというのが一般的に多いように思います。

 

しかし、この三隣亡の由来には江戸時代書物に書かれた【三輪宝】が語源という説があり、当時は 屋立て良し、蔵立て良しと 全く逆であったと言われています。

 

不思議ですね。

 

 

さらに、大安や友引などの六曜についてですが

根拠のない迷信から出来ており、仏滅が不吉な日というわけでは無いそうです。

 

だから、三隣亡も仏滅も関係無いとは言いません。

 

人それぞれ、考え方や思いは千差万別です。

気になる人は、日を選んだ方が良いです。

 

私達も工事の段取りやご契約日などには、三隣亡や仏滅を避けています。

 

家づくりは工場生産などと違って、仕上がりに人の心が大きく影響します。

お施主様はもちろんですが、作業する職人さんや出入りする業者さんそして私たちも気持ちよく一生懸命に家を創る。

 

その為には、このような昔からのいわれ事も軽視してはいけないように思います。

LINEで送る

2019年8月20日

お試しプランニングをお気軽にご利用ください

ご家族構成やご要望を自由にご記入いただき、
約2週間でプランをご提供させていただくサービスです。
しつこい営業などは一切いたしません。

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください