自然素材・高気密高断熱の注文住宅|埼玉県越谷市の家づくり舎ファミリー

Homeブログさいたま市緑区H様邸にて、気密測定を実施しました。

さいたま市緑区H様邸にて、気密測定を実施しました。

4月22日から始まった断熱気密施工が、4月29日に完了しました。

2021-04-29 11.15.25

そして、本日5月1日 1回目の気密測定を実施。

2021-05-01 08.03.14

結果は、隙間相当面積 C値=0.2c㎡/㎡(正確には0.19c㎡/㎡)

2021-05-01 10.15.35

家全体の隙間が25c㎡ という事は、5cm×5cmの四角になります。

どれくらい凄いか判りにくいですね。

 

次世代省エネ基準が制定される以前は、気密の基準値がありました。

その数字は、5c㎡/㎡以下(関東地方)

これを家全体で考えると

5(c㎡/㎡) × 128.04(㎡)=640.2c㎡ という事は、A4用紙(29.7cm×21cm=623.7c㎡)より大きいという事です。

 

しかし、気密工事をしていなくても丁寧な仕事を心掛ければ、C値は2(cm/㎡)くらいにはなると思います。

2(c㎡/㎡) × 128.04(㎡)=256.08c㎡という事は、B6用紙(12.8cm×18.2cm=232.96㎡)より大きいという事です。

 

sukima

 

気密については、以前書いたブログ

高気密高断熱住宅に必要なC値とは何か?どのくらいの数値が良いのか?  

をご覧ください。

 

この現場で断熱施工現場見学会を開催します。ぜひ、実物を見にご来場ください。

申し込みは、以下のページからどうぞ。

さいたま市緑区 H様邸『断熱施工現場見学会』

LINEで送る

家づくり舎 家づくり舎