自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ浦和美園の平屋住宅

浦和美園の平屋住宅

さいたま市岩槻区 Y様邸 完成現場見学会 前日

お施主様のご厚意により、明日・明後日の6月10日、11日に完成現場見学会を開催いたします。

 

 

IMG_0114

屋根材は、陶器製平板瓦に一体型太陽光発電

外壁材は、光触媒漆喰左官仕上げとアクセントにタイルを貼りました。

 

IMG_0115

玄関の天井を勾配天井にして、正面にはアクセント壁を設けました。

 

IMG_0120

リビングも勾配天井です。

 

ご来場お待ちしております。

 

 

LINEで送る

さいたま市岩槻区 Y様邸 外装工事

6月10日、11日に完成現場見学会を開催予定している、Y様邸の工事は残り約1か月となりました。

IMG_9916

外壁材は、モルタル下地漆喰左官仕上げです。日本の住宅では、モルタルの壁より サイディング貼りの家が多いかと思います。

モルタルが懸念される理由は、色々あります。

IMG_9592

①コストが高い(たまに安い事も聞きますが、安くできる工事はどうやっているんでしょうね?)

②工期が長い(サイディングと比べると、倍以上日数が必要です。)

③職人が少ない(一昔前は、主流だったモルタル壁もサイディングに押され減ってしまいました。)

④意匠性(これは、好みですね。)

IMG_9913

この中で、建築会社がサイディングを選ぶ一番の理由は②の工期が長い事かもしれませんね。

 

しかし、工期が短い事って施主様にとってどれほどのメリットなのでしょうか?

仮住まいをしていれば、1,2か月分の家賃節約とか

どうしても、学校が始まる前に引っ越ししたいとか

 

①のコストが高いもサイディングの方が安ければメリットですね。

しかし、このコストがメリットと考えている事が当てはまらないケースがあります。

IMG_9914

今回、Y様邸で採用させていただく光触媒漆喰材は塗り替え等の将来メンテナンスが不要です。

外壁のメンテナンスは10年から15年で行う事が望ましく、サイディングであれ、塗装品であれ 紫外線による劣化を防ぐ事は困難であるためです。

 

このメンテンスは、家に住み続ける限り必要です。

 

光触媒漆喰材とサイディングとの差額は、10年後にやってくるメンテナンス費用より安く済みます。

 

単純な計算ですね。

 

このように安く建てた事が逆にお金がかかってしまうという事は建築には多くあります。

 

誰だって、安くて良いものを手に入れたい気持ちはあると思います。

しかし、安くて良いものを選ぶときには、長い目で見る事をお勧めします。

LINEで送る

さいたま市 岩槻区 平屋の家 断熱工事

今週末に、現場見学会を予定している現場の断熱工事を行いました。

IMG_9461

発砲ウレタンを現場で吹き付ける方法で行います。

IMG_9579

Y様にも断熱材の大切さをご説明させていただき、採用させていただきました。

 

断熱材には、沢山の種類があります。一番日本で多く使われている物は グラスウールです。

他にも、ポリスチレンフォーム、フェノールフォーム、セルローズ、羊毛などなど

製品やメーカーによっても多種多様です。

 

さらに、外張り断熱や充填断熱、近年は充填+外張り断熱まであります。

 

もう一つ忘れてはいけない事があります。それは施工の質です。

断熱材の性能数値が高くても、施工の質が悪く、隙間だらけでは高いお金を払って高い断熱材を買う意味がなくなってしまうので注意してください。

 

 

家づくりを考える上で、断熱材の事を考えますか?

①良いと感じた会社を信頼し委ねる

②何社か回った会社の資料や説明を比較検討し決める

③インターネットで調べ、気になる断熱方法をしている会社の説明を聞いて決める

 

他にもアプローチはあるでしょうが、こんな感じが多いでしょうか。

 

近年は、インターネットの普及により情報収集が容易で、沢山の事が書かれています。

正直わかりませんよね。

 

出来る事なら工事中の現場を見る事をお勧めしています。

 

 

家は、人生の大半を過ごす空間です。

 

 『見て、聞いて、感じる』 

 

資料も大切ですが、体感も大切です。

LINEで送る

浦和美園にて平屋住宅、上棟しました!

浦和美園駅の周りで区画整理事業が進んでおりますが、その一角で弊社施工の平屋住宅が上棟しました。

IMG_3116 IMG_3117 IMG_3118 IMG_3119

別棟のガレージも同時で造っていきます。

国産ヒノキ無垢のオール4寸の柱ですので、とてもガッチリとしております。

 

最近は平屋住宅のご要望が増えております。

ご年配の方に限らず、若い方でも平屋の魅力を感じている方が増えているようです。

平屋というと、費用が掛かるのでは?土地が大きくないと?など

ご心配される方も多いと思います。

実際に造ってみると意外にそうでもないかも、と感じることもあります。

間取りで言うと、2階建てには必ず階段がありそれに付随する廊下等があります。

これらが占める面積が意外に大きい場合があります。

これらがいらない平屋は工夫によってはかなりコンパクトに造ることができます。

また施工の面でも2階以上が無い分、職人さんの手間がだいぶ違うように感じます。

足場の上り下りや材料や道具の上げ下げなど、ちりも積もると大きなものです。

そして長い目で見ると、将来のメンテナンスがとても違います。

建物が低いということで、足場を架けたり点検をしたりといったことがとてもしやすい上に安く済みます。

しやすいということは、「大変だなあ」という心理的ハードルをかなり下げてくれます。

日頃から点検が行き届いていると、メンテナンスも的確にでき建物の長寿命化につながります。

それからもう一つ、平屋住宅は圧倒的に耐震性が高いです。

これは説明の必要はいらないと思いますが、高いところの荷重をいかに地面に伝えるかが構造力学の基本です。

 

色々とメリットのある平屋ですが、平屋をご検討の方は是非相談されることをお勧めいたします。

この現場も勾配天井の広々とした空間のある魅力的な家になります。

4月の半ばには構造見学会も予定しております。

場所は国道463号の釣上交差点を北上し150メートルほど行ったところのファミリーマートさんの目の前です。

また後日ご案内いたします。

 

LINEで送る

家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください