自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ高気密高断熱

高気密高断熱

高気密高断熱住宅には、どのような換気が良いのでしょうか?

結論。

家の中の空気環境を整える事が出来れば、どんな方法でも良い。

と考えます。

 

換気の方法

換気方法は大きく分けて2つ

  • 窓を開ける

当たり前ですが、窓を開けるという方法はどんな家でも行いますよね。

しかし、この窓を開けるという作業での換気は、自然の力(風や温度差など)に影響を受けやすく、計画的に換気する事は出来ません。又、夏の暑い時期や冬の寒い時期はどうしても開ける回数が減ります。

E68F9BE6B097

  • 換気扇を使う

新築住宅は、平成15年7月から施行された改正建築基準法第20条8項により計画的な換気が法律により義務化されました。換気扇が義務ではありませんが、計画的な換気をする為には、24時間換気システムが必要になりますので、現実的には換気扇の義務と言えると思います。

その為、平成15年以降の家には必ず付いている換気システムでの換気が可能です。

 

しかし、ここで注意が必要です。気密性の低い家では換気システムを使ってもちゃんと機能しません。

詳しくは以前書いたC値については、

 高気密高断熱住宅に必要なC値とは何か?どのくらいの数値が良いのか?  

 をご覧ください。

 

さらに、換気システムにも様々な種類があります。

 

 

 換気システムの種類

換気システムの種類は大きく分けて3つ

001

第一種換気システム

機械で給気して、機械で排気する方法

1つの集中ユニットを天井裏などに設置して、アルミダクトなどを使い各部屋に給気と排気を振り分ける方法です。高気密高断熱住宅では、採用されるケースが多いですね。

さらに、1つの集中ユニットの特性を生かし、そのユニットの中で温度・湿度を交換する全熱交換換気システムも少しずつ増えています。

 

第二種換気システム

機械で給気して、自然排気する方法

強制(機械)給気・自然排気

住宅で見る事はほとんどありませんし、弊社でも採用した事はありません。

 

第三種換気システム

自然給気して、機械で排気する方法

日本で最も多く採用されているシステム。トイレや洗面・収納などに換気扇を設けて、各居室に給気の穴を開ける。機械で強制的に空気が外に出ると室内が負圧になり、給気の穴を通って空気が入るという方法です。

比較的安価に設置が出来るという事も一番採用されている理由だと思います

 

 

住宅の場合は、第一種か第三種をそれぞれの会社がそれぞれの見解で採用していて、どちらが正しいとは、一概には言えません。

 

それは、それぞれメリット・デメリットが存在するからです。

 

 

第一種換気システムのメリット・デメリット

メリット

給気と排気の穴が各1つなので、気密性を損なう事なく計画換気が出来る。

モーターが1つなので、省エネ効果は高い

温度交換・湿度交換による室内環境の効率化が図れる全熱交換を採用できる。

 

デメリット

イニシャルコストが高い

ダクトが家中を張り巡らされるため、施工が難しい

給気がダクトを通って各部屋に送られるため、将来の埃・カビなどによる懸念がある

故障した時のメンテナンス費用が高い

 

第三種換気システム

メリット

イニシャルコストが安い

設置位置に自由度があり施工が容易

故障した時のメンテナンス費用が安い

 

デメリット

給気、排気の穴が設置部位それぞれなので、30坪の大きさの家で約7か所に10cmの穴が開いている為、熱の損失が大きい

全熱交換などの機能を付加する事ができない。

ついつい、停めてしまう。

 

恐らく、真剣に家づくりを考え悩んでいる建築会社には採用している理由が明確にあるはずです。

まずは、信頼できそうなプロの見解を聞いてみる事をお勧めします。

 

全熱交換換気システムを!

第一種換気システムにしか無かった全熱交換換気システムが第三種換気システムでも製品が開発されてきました。

換気システムの種類と同時に考えて欲しいのが、全熱交換換気システムです。

img-heater

簡単に言えば、

冬であれば、寒く乾いた空気を温めて湿度を上げた後に室内に給気させる。

夏であれば、暑く湿った空気を冷やして湿度を下げた後に室内に給気させる。

排気する屋内の空気を使って、屋外から給気される空気の温度・湿度調整してくれる為

省エネルギーになります。

 

家の性能が高ければ高いほど効果的ですので、UA値が0.6W/㎡K以下から考えてみる事をお勧めします。

 

家づくり舎ファミリーが採用している換気システム

正直、私も長い間悩み続けていました。

 

『そもそも、換気システムって必要?』

 

という事まで考え、たくさんの情報収集・意見交換もしました。

その中で、納得ができた【マーベックス社製の棲家DC】を採用しています。

詳しくは、マーベックスのHPをご覧ください。

換気システム

棲家DCは、床下にユニットを配置する全熱交換型の第一種換気システムです。

 

当然、この換気システムを採用するに至った経緯があります。

 

興味のある方は、弊社のセミナーにご参加ください。

LINEで送る

2020年10月8日

高気密高断熱の住宅は、夏本当に涼しいのか?

高気密高断熱の住宅は夏涼しいという情報がインターネット上にも多く見られます。

では、本当に夏涼しいのでしょうか?

 

結論、高気密高断熱の住宅というだけでは夏を涼しく過ごすことは出来ません!

 

高気密高断熱といえば、『夏涼しく冬温かい』というキャッチコピーが浮かぶと思います。しかし、高気密高断熱は冬温かいは、ほぼ正解ですが、夏涼しいは間違いです。

 

間違いどころか、夏の室温が外気温より大幅に高くなってしまい、エアコンをフル稼働させても、暑くて居られないという可能性もあります。

 

 

 なぜ、そんな事になるのかと言えば・・・

太陽と真っ向勝負しているからです。

 

言い換えれば、太陽と上手に付き合う事が出来れば、高気密高断熱の住宅は夏涼しく過ごすことが出来ます。

 

夏の太陽と上手に付き合う方法は、【日射遮蔽】

日射遮蔽とは、文字通り、太陽の日射を遮蔽して室内に取り込まないようにする事です。

 

それでは、窓を小さくしたり、少なくすれば良いのでしょうか?

答えは△です。

 

冬は夏と違い日射を室内に取り込んだ方良いので、安易に窓を小さくしたり、少なくしたら・・・

高気密高断熱の住宅でも寒く光熱費のかかってしまいます。

 

冬は取得できるけど、夏は遮蔽するという考え方がとても重要です。

 

 

 太陽光の角度変化を利用する

太陽の高さは、夏には高く冬は低いですよね。

例えば、

一番低い 12月22日(冬至)は、31.5°

一番高い  6月22日(夏至)は、78.5°

 sanraise-sunset-position

この角度変化を利用する事で、冬に日射を取得し夏は日射を遮蔽できるのです。

 

ここまでの話は、知っている人も多いでしょう。

 

しかし、これだけでは万全ではありません。

 

 

 南は、本当に南?

方位には磁北(じほく)と真北(しんぼく)があり、それぞれ違い北を指しています。

約7.2°違います。(詳しくは国土地理院のページをご覧ください。)

 

太陽の位置を知るには、真北を知る必要があります。

前述で、太陽光の角度は、真北(しんぼく)方位で示す南で考えたときの角度です。

 

当然 磁北の時は、角度が変わります。

さらに、南として考えている面が南西や南東であれば、この角度検討は役に立ちません。

本当の南を知る事がとても重要なのです。

 

 

 夏は、西と東の日差しを考慮する

日差しは、西からも、東からも、北からも入ります。

 

特に夏の西日は強力。しかも夕方は、横から日差しが入る為に庇は役に立ちません。

(※近年は、夏の朝も暑いので東からの日差しも遮る事をお勧めします。)

 

色々な解決方法があります。

〇すだれ・よしず・サンシェードを掛ける

〇緑のカーテン(ゴーヤ・朝顔など)

〇ガラスを遮熱ガラスにする

〇窓を小さくする

〇窓を設けない

 

どれも正解ですが、1つ注意があります。

 

『ガラスを遮熱ガラスにする』を過信しすぎないという事。

 

どんな性能の高いガラスで遮熱しても、熱は伝わります。

 

この言葉に注意しましょう!

 

『西日は、遮熱ガラス使っているから問題ありません』

そして、大きな窓を設ける。

 

これが、高気密高断熱の住宅が夏涼しくないと言われてしまう原因です。

 

西と東の日差しで説明しましたが、庇などの効果が無い南側の窓も同じ事が言えます。

 

地球をこれだけ温める事が出来る太陽の力を甘く見てはいけません。

 

 

太陽の位置を把握して、建物の向き、位置、形状、窓の位置と大きさ、ガラスの種類(日射遮蔽・日射取得)を考慮した設計を高気密高断熱で造る事が出来て、

「高気密高断熱の家は夏を涼しい」と言えます。

 

 

家づくり舎ファミリーでは、計画地の近隣状況も考慮しシュミレーションソフトを使って設計を行います。

 

太陽の位置は、真北方位と近隣環境がわかればシュミレーションソフトを使い正確に把握する事が可能です。日射遮蔽・日射取得を考慮した家は、家の性能を最大限に発揮して住み心地の良い省エネ住宅となるのです。

 

家の性能は、とても重要です。

しかし、性能だけではなく太陽に素直な設計をする事も同じくらい重要です。

 

弊社の家づくりに興味がございましたら、まずはミニセミナーを聞いていただく事をお勧めします。詳しくは、こちらをご覧ください。

LINEで送る

2020年8月9日

高気密高断熱の性能UA値は、どれくらいの数値が良いのか

高気密高断熱で家を建てるという事は、珍しくなくなってきました。しかし、この高気密高断熱の家とは、どの程度の性能を指すのでしょうか?

 

関東圏では、ゼロエネルギーハウスの基準である外皮熱貫流率UA値=0.6W/㎡K以下。

 

この数値が、高気密高断熱住宅と呼んで良い最低レベルだと私は考えています。

 

外皮熱貫流率については、弊社で温熱シュミレーションに使っているホームズ君のホームページをご覧ください。

 

 

UA値とC値両方で高気密高断熱

昨今、この外皮熱貫流率UA値を使って性能をうたう建築会社が増えてきました。

一つ大切な事があります。それは、高断熱の家ではなく、高気密高断熱の家であるという事。

とても大切な高気密についてのC値が表記されていない建築会社さんは高断熱の家だけど高気密高断熱の家では無い可能性があります。

 

さらに、言えば高気密でないと断熱性能は下がりますので高断熱でもないかもしれません。

以前、隙間相当面積C値についてのブログも書きましたのでご覧ください。

 

 

2020年に義務化になり損ねた次世代省エネ基準

2020年には次世代省エネ基準が義務化になり、ゼロエネルギーハウスが新築の過半数を占めるという目標が国にありました。

しかし、ゼロエネルギーハウスが進まないばかりか、性能の劣る次世代省エネ基準(UA値=0.87W/㎡K)を義務化することもできませんでした。

代わりに、2021年4月から説明義務が課せられます。

 

簡単に言えば、次世代省エネ基準になってない事の説明と基準を満たすための改善案を予算も踏まえて建築会社が説明しなければならないという事です。

 

ちなみに、施主が次世代省エネ基準を満たしてない事を了承すれば、そのまま建てられるので、とても中途半端な義務です。

 

 

UA値=0.6W/㎡Kは高性能?

ゼロエネルギーハウスの基準となるUA値=0.6は十分な性能なのでしょうか?

『国が作った基準だから、それ以下であれば十分じゃない』

 

と思ったら大きな間違い!

 

UA値=0.87W/㎡Kすら、義務化にできない状況なんです。

もっと、性能が高くないと十分じゃない事を国は知っているはずです。

でも、出来ない。

色々なしがらみがある国です。仕方ないですね。

 

HEAT20の基準を参考に!

【2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会】通称HEAT20は、研究者や住宅・建材生産団体の有志によって、2009年に発足した団体です。

51e0f9f8d30fc4b815d3254a63dcf8ef0247f06f.67.2.9.2

HEAT20の推奨グレードにはG1、G2があります。(最近G3が出来ました)

家づくり舎ファミリーの事務所がある埼玉県越谷市の地域区分は6です。

そのG2グレードのUA値=0.46W/㎡K

 

家づくり舎ファミリーでは、ここからが高気密高断熱の家と呼んで良いと考えています。

 

 

G2グレードの高気密高断熱の家は高額

G2グレードの家と次世代省エネ基準の家では、建築費が違います。

差額は、150万円~200万円(施工未経験だと250万円くらいかも・・・)

 

当然ですが、

断熱性能を上げれば、イニシャルコストが上がります。

断熱性能を上げれば、ランニングコストが下がります。

 

このランニングコストで月平均5千円違えば、

5,000円×12か月×35年=2,100,000円

 

35年後まで考えると、同じ費用が掛かった事になります。

 

同じ費用なら、どちらでも良いでしょうか?

快適な35年が手に入るのであれば、G2グレードの方が良いですよね。

 

最初にUA値=0.6W/㎡K以下と書きましたが、

UA値=0.46W/㎡K以下が、高気密高断熱と呼んでほしいです。

 

 

家づくり舎ファミリーが造る高気密高断熱の家

弊社の高気密高断熱は、

UA値=0.3W/㎡K以下、C値=0.5c㎡/㎡ 以下です。

 

この数値まで性能を上げる事は贅沢でしょうか?

 

私たちには、この数値を推奨するに至った理由があります。

その理由は、単に性能が高い方が良いという事ではありません。

 

50年後、60年後まで考え、最も堅実で経済的な家を考えた結果がこの性能でした。

 

ご興味のある方は、

ミニセミナーなどもございますので、お気軽にお問い合わせください。

 

LINEで送る

2020年7月15日

高気密高断熱住宅に必要なC値とは何か?どのくらいの数値が良いのか?  

 

高気密高断熱住宅とは、その名の通り、気密性が高く断熱性が高い住宅です。

その気密性を数値化したものが、C値(隙間相当面積)です。

家づくり舎ファミリーでは、C値=0.5c㎡/㎡以下をお約束しています。

 

C値の考え方

C値が、1.5c㎡/㎡、延べ床面積=100㎡という建物は、

1.5c㎡/㎡ × 100㎡ = 150c㎡となり

 

家の隙間合計が、はがき一枚程度あるという事になります。

 

隙間がはがき一枚と言われても・・・ ピンときませんよね。

 

一つの指針として、2014年まで省エネ基準に目安として掲載されていた数値は、

寒冷地は、C値=5.0c㎡/㎡以下

その他は、C値=2.0c㎡/㎡以下

でした。

 

では、「5c㎡/㎡以下で十分なのか?」と思われるかもしれませんが、とてもレベルの低い数値です。

 

 

C値の基準が換気システムから分かる

パナソニックさんのホームページで24時間換気システムの説明があり、以下の図が掲載されています。

 img_top02 (1)

ここには、【C=1.5より大きいと換気口より逆流しはじめる】

とあります。

 

つまり、C値=1.5c㎡/㎡以上だと24時間換気システムは機能しないという事です。

パナソニックさんですから、実証実験の上でしょう。信頼性は高いと思います。

 

24時間換気システムが基準法の義務である以上

C値=1.5c㎡/㎡は最低限必要な性能であると言えます。

 

 

C値は、いつくが良い?

C値=1.5C㎡/㎡ではギリギリだという事が分かりました。

さらに木造住宅は、木の収縮や地震による振動で気密性は年数と共に下がる可能性が考えられます。

 

だから

C値は1.0c㎡/㎡以下である必要があります。

 

色々とインターネットで検索された方はお分かりかと思いますが、

高気密といえる性能は、C値=1.0c㎡/㎡以下だという意見が多くあります。

 

家づくり舎ファミリーでは、C値=0.5c㎡/㎡以下をお約束しています。

 

 

高気密の根拠はC値でしか示せない

高気密高断熱を掲げる建築会社は、年々増えてきています。

それは、とても良い事なのです。

 

しかし、

UA値(平均熱還流率)や省エネ等級は掲載しているのに、C値は掲載していない建築会社が多くあります。

 

C値を掲載していない建築会社は、気密測定を実施していないかもしれません、気密測定をしても自慢できる数値になっていないかもしれません。

 

C値は、現場で気密測定を行い示す数値です。

IMG_4502_R

施工方法がどうだから気密が高いという事ではありませんので、気密測定を実施した数値なのかは必ず確認しましょう。

 

 

なぜ、C値(隙間相当面積)が大切なのか?

24時間換気システムが機能する事の為だけに、C値が大切な訳ではありません。

 

隙間が多いと 夏の熱い空気が侵入します。

隙間が多いと 冬の冷たい空気が侵入します。

隙間が多いと 夏の多湿な空気が侵入します。

隙間が多いと 冬のからっからの空気が侵入します。

 

つまり、断熱材の性能が発揮できずに室内が不快になってしまうという事。

 

もう一つ大切な事があります。それは、壁の中で結露を起こしてしまうという事

これは、かなり大きな問題です。

 

高断熱にすれば、冷暖房の効きが良くなります。

という事は、屋外と室内の温度差が大きくなるのです。

気密性が低く隙間が多いと温度差をつなぐ橋の途中で結露が発生します。

 

【壁内結露】です。

 

壁内結露を起こすと、 

『壁の中にカビが生える』→『健康被害』

『柱や梁が腐食する』→『耐久性・耐震性の低下』

 

高気密を軽視すると、大切な家が短命になってしまいます。

ぜひ、断熱性能と一緒に気密性能も考えてください。

 

 

家づくり舎ファミリーでは

C値(隙間相当面積)=0.5c㎡/㎡以下

UA値(平均熱還流率)=0.3W/㎡K以下

を基準として提案・現場監理を行っています。

それは、50年後、60年後の事を考えた時、高気密高断で造る事が一番のローコストだと言えるからです。

IMG_3731_R

家づくり舎ファミリーでは、ミニセミナーや家づくり相談会、なども行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る

2020年5月27日
家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください