自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

HomeブログSimple+One

Simple+One

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

 

今回、ご紹介する+Oneは 平屋+ロフトの家です。

20181013-1_R

昨年の2月にお引渡しした 宮代町S様邸は、住宅地の決して大きくな土地での平屋建てです。

4人家族ですが、無駄を極力排除し坪数はロフト階を含めて26坪です。

 

間仕切り壁のほとんどないこの空間を、1年中 快適な環境で生活するには高断熱性能が必要不可欠です。

これから国が進めていきたいZEH(ゼロエネルギーハウス)基準を大きく上回り、外皮性能UA値は0.43です。(ちなみに基準は0.6以下)

 

この家に設置した冷暖房設備は、24帖用のエアコン一台です。

昨年の寒い冬と暑い夏をこれだけで我慢する事無く快適に生活しております。

20181013-8_R

 

この性能があって、はじめて大空間の設計ができます。

 

 

リビング上部は、屋根の形なりに勾配天井。

 

階段を上がった小屋裏スペースは高いところで180cmあり十分な部屋になります。

20181013-26_R

納戸、W・I・Cを家の中心に配置する事で使い勝手を考慮

納戸は、ご家族4人で頑張って漆喰を塗っていただきました。

IMG_1986_R

 

木製玄関ドアや造作の下駄箱、木製の玄関ポーチなどのアクセントを随所にちりばめたS様らしさが溢れた家に仕上がりました。

 

20181013-3_R

一番この家を象徴し、この家に大きな印象を与えたのは

20181013-20_R

 

この造作キッチンです。

高さ、幅、奥行きの寸法はもちろん、シンクやコンロなどにも拘った唯一無二のオリジナルキッチンです。

 

自然素材で作る平屋の家にオリジナルキッチンを+One

このキッチンを中心に生活する空間があり、自然とコミュニケーションが取れますね。

LINEで送る

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

今回、ご紹介する+Oneは 平屋建ての家です。

_O2A6613

ご希望を伺う中で、奥様の 「実家も平屋なので、階段のある生活が考えられない」 という言葉が印象に強く残っています。

最初に提案させていただいた間取りが基本ベースに、O様のこだわりがバランス良く散りばめられた素敵な家になりました。

 

料理のできる薪ストーブ。

R0010238

キッチン前のタイル貼り。

_O2A6542

無垢材を自然素材で仕上げた落ち着いた空間。

_O2A6533

木製のカーポート。

R0010181

 

 

ご希望される内容に統一感があり、素敵な物を選ばれるので 打ち合わせで悩むことが少なかったように記憶しています。

 

 

ご希望の中で、1つ難しい問題がありました。それは子供達からの希望で、家の中に階段が欲しいという事です。

平屋建ての計画ですから、もちろん階段はありません。O様からも「それは平屋だから無理だよ」と子供達に話していました。

 

でも、子供にとって立体的に移動できる場所は ワクワクして楽しいものです。

そこで、屋根の空間を利用しロフトを作る提案をしました。

 

_O2A6514

 

リビングを勾配天井にして、リビングの一部のようにロフトを設け梯子で登ります。

ロフトの広さは1坪程度しかありません。でも、このほどほどの大きさが秘密基地にぴったり!

 

平屋建ての家に 秘密基地を+One

 

LINEで送る

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

本日ご紹介する+Oneは

引き継がれる想いです。

20150417 (9)

玄関とシューズクロークの壁の間に欄間があります。この欄間は、建て替える前の家で使われていた物を丁寧に取り外した物です。

20150417 (37)

寝室にあるご主人のスペースにも同じ欄間を設けました。さらに、TV台の天板は建て替える前の床の再利用です。

 

20150417 (19)

ご主人にとって思い入れの深い家を建て替えるという決断は、苦渋の選択だったと伺っております。

 

家への『想い』と家族に快適な家に住んでほしいという『想い』

 

私たちにできることは、引き継げる物を取り入れて建てるという事でした。

 

家の顔である玄関と、ご主人の安らぎスペースに『想い』が +One されました。 

LINEで送る

2016年7月22日

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

本日ご紹介する+Oneは

3階建ての階段室に造った開口です。

R0010646

 

この開口は2階から3階へ向かう途中ですが

Uの字型の階段で1階から3階まで同じ位置で上がっていく階段は

どうしても閉塞感を感じてしまします。

 

お施主様からも、なにか少しでも広さを感じるようにできないかな~

と相談を受けておりました。

 

その中で考えた開口ですが

この家は珪藻土の壁・天井とパイン無垢材の床に囲まれたシンプルで落ち着いた空間です。

色合いなどからもやや和風よりのイメージ。

そんなところから、この正円の開口を思いつきました。

中の格子もなるべくシンプルでありながら印象的なものをと考えました。

 

おかげで階段室に広がり感を感じるとともに、楽しさも生まれました。

この家のシンボル +One になりました。

お施主様にもたいへん喜んでいただきました。

 

LINEで送る

2016年7月15日

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

本日ご紹介する+Oneは

「家族みんなで映画が観れる階段のある家」

_MG_5153_1

設計の打ち合わせの中で、プロジェクタで大画面の映画を家族みんなで観られる場所が欲しいというご要望がありました。

5人家族みんなが座って観やすくできる場所として階段を提案しました。

_MG_5144

階段幅を一間(1,820㎜)とし途中に踊り場を設けました。

階段下は洗面所から使えるパントリーとして大容量の収納になりました。

_MG_3580

上部の手摺は曲線の壁手摺とし、四角い開口をリズミカルに配置しました。

個性的な空間が生まれ、まさにこの家だけのオリジナルな+Oneになりました。

_MG_5178

入居後映画を観られたかを尋ねると、まだプロジェクタを選定中とのことでした。

映画鑑賞の感想を早く聞きたいです。

LINEで送る

2016年7月7日

Simple+One! こだわりの玄関カウンター

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

本日ご紹介する+Oneは

昨年8月にお引渡しをしました、桶川市T様邸。

IMG_7220 

 

和風がお好みだというご主人のご要望で、

家の顔である玄関を少々凝った形に仕上げようということになり、

何か、アクセントになるような演出はできないか?

といろいろ案を探った結果・・・

玄関入ってすぐ右側にあるカウンターを、無垢の檜で造ることにしました。

 

R0011136

 

張り合わせの加工品ではなく、本物の1枚板の存在感は抜群です!!

114

 

この檜のカウンターを見るたびに、「いいな~」と大満足とのこと。

ご主人自慢の玄関になりました(^^)

 

LINEで送る

2016年7月7日

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

私たちはこんなコンセプトを掲げて日々家づくりをしております。

これまでの家づくりの中で,お施主様とのお話合いの中から生まれた「あなたらしいこだわり」を+Oneとして数々実現してきました。

そんな+Oneをこれから少しづつご紹介していこうと思います。

 

本日ご紹介する+Oneは・・・

_★MG_1196

「明るく広々としたリビングが欲しい!」というご要望から、南のバルコニー側に面して吹き抜けのあるリビングを設け、家の中心に配置しました。

そのおかげでダイニングやキッチン・和室・各個室がリビングを囲むように配置されました。

お施主様からも「自然とリビングに家族が集まる家になった」とのお声をいただきました。

 

536X0057

こちらは2階の廊下からリビングを見下ろしたところです。

壁・天井の交わる出隅の角をアールの曲線で仕上げたり、曲線の壁やアールの天井を作ったりと全体的にやわらかく優しいイメージに仕上がりました。

 

_★MG_1218

ダイニングは弊社から提案のイメージパースを気に入っていただき、台形に張り出した壁に合わせて、天井を織り上げてパイン材を張りました。

info@iedukuri.jp_20160705_155722_001

 

_MG_1177

吹抜は南側のバルコニーに面しているので明るい光が家の奥まで差し込んできます。

2階の廊下も1階とのつながりを大事にするために透過性のある手摺子手摺にしました。

リビングの飾り棚にはご家族の写真がたくさん飾られています。

IMGP1098

3人の元気な男の子がこの家でグングン成長しています。

会うたびに大人っぽくなっているな~と感じます。

 

今後「Simple+One」シリーズとして不定期にご紹介していこうと思います。

よろしくお願いいたします。

LINEで送る

2016年7月5日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください