自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ東松山市 M様邸新築工事

東松山市 M様邸新築工事

性能評価(耐震等級3)の配筋検査も合格し、配筋工事完了です。

東松山市M様邸の配筋工事が完了しました。

IMG_9730

性能評価による耐震等級3の取得を基本としておりますので、第三者機関による配筋検査があります。

検査も指摘無く合格しました。

 

 

構造計算した基礎には、地中梁の施工が必要になる事があります。

PDF ファイル3

断面図では、こんな感じ。

IMG_9722

立上りの下が、堀下がって地中で梁形状になります。

 

私たちが、構造計算を行う理由は、耐震性に根拠を持たせるという事です。

言い換えれば、構造計算を行わない耐震性に根拠が無いという事!

 

構造計算を基本としない考え方の工務店や建築会社は、

『構造計算すると、施工が大変だし建築費が上がるから〇〇〇〇』

と言います。

 

〇〇〇〇には何が入るでしょう?

 

 

ズバリ 『売り難い』です。

 

家づくりだって商売ですから、売りやすい事は悪い事ではありません。

しかし、耐震性に対して『売り難い』と言えてしまう感覚が問題です。

 

耐震性の高い家を造る事は、否定する事でも自慢する事でも無いですよね。

どこで、誰が建てようとも、耐震等級3が最低基準という時代になって欲しいと思います。

LINEで送る

許容応力度計算により、基礎の配筋の組み方を決めます。

東松山市M様邸の基礎工事も順調に進んでおります。

IMG_9705

鉄筋を組み上げていく作業に入りました。

IMG_9709

本来、鉄筋の組み方は何が根拠がご存知ですか?

木造3階建は、許容応力度計算(構造計算)を根拠に決まります。

弊社では、全ての家で許容応力度計算(構造計算)による耐震等級3を根拠にしています。

 

 

しかし、4号特例である木造2階建以下のほとんどが、簡易計算やスパン表を根拠に設計士が判断しています。

 

設計士が判断するのであれば、大丈夫!

と、思いますよね。

 

法律で4号特例が設定され、法律で簡易計算があり、参考でスパン表があるのだから、それで十分!

と、思いますよね。

http-www.howtec.or_.jp-joho-syoroku-syoroku234.pdf-Adobe-Reader.dib

法律で決まっていて、設計士が大丈夫ですって言われたら

疑う理由なんてありませんよね。

 

でも

法律で決められている耐震基準って、

地震が起きた時に逃げる時間が作れて人の命を守るところまでなんです。

 

法律は、せっかく建てた家を地震から守ってくれません。

 

ぜひ、家族の命・大切な財産を守る為に

耐震等級3の家を建ててください。

 

LINEで送る

東松山市にて耐震等級3の家、基礎工事が始まります。

東松山市M様邸の基礎工事が始まります。

 

道路との高低差がありますが、近隣が畑ですので作業性が良く

 

とても助かります。

 

 

まずは、根切して砕石を敷いていきます。

IMG_9672

 

砕石は、しっかりと転圧します。

IMG_9684

とても地味ですが、とてつもなく重要な作業です。

 

30坪の木造住宅は、40t程度の重さがあります。

地盤がしっかりしていて、構造計算により強固な基礎を造ってもその間に位置する砕石の転圧が弱ければ、

不同沈下してしまう事だってあります。

 

隠れてしまう部分の施工に対して、

どれだけ丁寧に、どれだけ責任をもって作業するか

私たちが絶対に確認しなければならない事ですね。

 

ちなみに、

M様邸は、耐震等級3を許容応力計算を基に取得しています。

耐震等級3は熊本地震(震度7を2回)でも損傷がほとんどなかったという素晴らしい実績が存在します。

 

以前書いたブログで触れてますので、良かったらご覧ください。

熊本地震で、耐震等級3住宅は倒壊した?

 

しかし、地震大国日本で耐震等級3の家って、

まだまだ、少ないんです。

 

それは、

耐震等級3がスペックオーバーとか

耐震等級3まで無くても家は強いとか

そんな事を言う建築業界の人がたくさんいるからかもしれません。

 

そんな事を言う設計士や建築会社に合う事があったら

『耐震等級3じゃない家は、家族の命と財産を守る事が出来るのですか?』

『熊本地震のように震度7が2回続いても御社の建物は、住み続けられるんですか?』

と聞いてみてください。

 

おそらく、明確な答えは返ってこないでしょう。

 

熊本地震(震度7が2回)で倒壊しなかった耐震等級3は、地震に強い事を証明しています。

LINEで送る

市街化調整区域で家を建てる時は、土地代以外の費用がかかります。

東松山市M様邸の開発行為許可が通知になり、造成工事が始まっています。

IMG_9496

市街化調整区域に位置するM様邸の計画地は、元々畑だった場所です。

市街化調整区域は、農家の為に考えられた都市計画ですが、農地を宅地に変えたり他人に転売したりという行為が簡単には出来ないようになっています。

 

M様邸は、都市計画法第34条第12号 市条例第4条第1項第2号イの調整区域に長期居住する者の親族のための自己用住宅に該当します。

 

なんだか堅苦しくて、意味が分からないですね。

 

簡単に説明すると、20年以上市街化調整区域に住んでいる親族(6親等以内)がいれば該当するという事。

1200px-Japanese_Kinship.svg

⑥が6親等ですから、結構範囲広いです。

 

多少駅から離れても良い場合は、市街化区域より土地代が安いので検討する人も多くいます。

 

しかし、気を付ける事があります。

それは、色々と整備された街の土地と違い、土地代だけではわからない費用があります。

 

M様邸では、

農地転用許可、開発行為許可、開発行為に関わる完了検査、適合証明書取得という役所等への申請が必要になります。

そこそこ、かかります。日数もかかります。

 

さらに、造成工事の費用もかかる事も多くあります。

M様邸も近隣ぐるりと畑ですから、境界ブロックは全て新しく設ける事も必要ですし、

道路との高低差があるので、土留めブロック又は擁壁の工事が必要になります。

IMG_9509

駐車場を大きく取りたいとなると、こんな感じに土を取らないといけません。

土って、買っても捨ててもお金がかかる やっかいな物ですので気を付けましょう。

 

他にも、排水や給水の事、場合によっては電気の事でもお金がかかるかもしれません。

 

家づくりに置いて、建物費用以外の費用を把握する事はとても大切です。

土地から購入されるのであれば、なおのこと!

 

計画を練る時は、相対的に考えて下さいね。

LINEで送る

建物の配置を図面だけで決めてはいけません。

9月中旬より着工予定の東松山市M様邸新築工事現場において、位置確認用の地縄を基礎業者の小林土木さんと一緒に行いました。

IMG_9374

8月30日に現場で、お施主様と配置確認を行います。

 

配置確認ってするの?と思う人もいるかもしれませんね。

 

配置の検討は設計士が行います。

色々な状況を考慮して考えられています。(そのはずです・・・)

 

しかし、多少敷地に余裕があったりすると理由が曖昧で、なんとなく配置されている事だってありますから、配置の根拠を設計士に聞いてください。

 

そして、その後が重要です。

設計士の配置根拠が自分たちの生活に合っているかどうかを考えてください。

 

例えば、西側を60cm開けた事で東側が4.0m空いた配置図が出来たとします。

駐車場としては、車を停めて横を歩く事を考えても3.5m~3・8mでも広い方ですよと説明を受けたとき、

それじゃあ 東を3.5mにして西側を広く空けようと変更しました。

実際に住んでみて、車から降りるとあまり広く無いと感じる。

 

たしかに、3.5mの駐車場は余裕があります。しかし、運転の苦手な人は助手席側を大きく空けて駐車したりします。

すると、3.5mでもドアが全開しません・・・ なんて事も!

 

感じる感覚は人それぞれ違います。設計士への信頼は重要なのですが、【お任せ】は良くありません。

 

自分の生活を創造し、実際の現場で確認する事をお勧めします。

LINEで送る

埼玉県東松山市 畑だった土地の地盤調査。

埼玉県東松山市の新築工事現場にて、地盤調査を行いました。

東松山インターの近くに位置する少し高台な土地、そして元々は畑という土地、現場の状況・環境を考えると良質な地盤である印象があります。

しかし、実際には調査しないと本当のところはわかりません。

 

地盤調査の結果は?

水害・震災を受けにくい良好地盤でした。

IMG_9362

以下が、調査結果の考察です。

当調査地は台地上位面に位置しており、主な土質構成は粘性土が主体となっており、概ね安定 した地盤性状でしょう。

台地の地形特性は低地よりも形成時期が古く、一般に高い位置にある ものほど形成時期は古い。

台地分類は高位、上位、中位、下位、低位面の5段階に分類されて います。低地に比べ、河床からの比高が大きいため、

水害を受けにくく、良好地盤のため震災 を受けにくい地形です。

旧版地形図上からは、同地形上に集落が確認できる事から、古来より 概ね安定した地形性状である事が伺えます。

 

IMG_9367

この考察を出す為に行う作業は、スウェーデン式サウンディング試験だけではありません。

 

IMG_9371

実際にハンドオーガボーリング調査により実際の土を確認したり、旧版地形図などの確認もしています。

 

以前ブログで書いた

スウェーデン式サウンディング試験だけの地盤調査は危険です。もご覧ください。

 

 

地盤を知る事の大切さ

家づくり舎ファミリーでは、性能をしっかりと担保する事が長い目で考えたときに一番のローコストになるという事をお伝えしています。

そして、その家が建つ地盤に関しても信頼性が高い調査が必要だと考え調査会社を選定しています。

 

地盤改良杭を施工した事により、不動沈下してしまうという事故も発生しています。

それは、スウェーデン式サウンディング試験で判断された土質と実際の土質が違う事が原因と考えられます。

なぜ、実際と違う事が起きるかと言えば、土質は憶測判定だからなのです。

土質は掘らないと、わからない!

 

でも、お金と手間がかかるから掘らないんです。

その差額は5万円

 

この差額・・・  私は安いと思います。

LINEで送る

家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください