自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ宮代町 S様邸新築工事

宮代町 S様邸新築工事

Simple+One!

<シンプルなデザインに、ひとつあなたらしさを>

 

 

今回、ご紹介する+Oneは 平屋+ロフトの家です。

20181013-1_R

昨年の2月にお引渡しした 宮代町S様邸は、住宅地の決して大きくな土地での平屋建てです。

4人家族ですが、無駄を極力排除し坪数はロフト階を含めて26坪です。

 

間仕切り壁のほとんどないこの空間を、1年中 快適な環境で生活するには高断熱性能が必要不可欠です。

これから国が進めていきたいZEH(ゼロエネルギーハウス)基準を大きく上回り、外皮性能UA値は0.43です。(ちなみに基準は0.6以下)

 

この家に設置した冷暖房設備は、24帖用のエアコン一台です。

昨年の寒い冬と暑い夏をこれだけで我慢する事無く快適に生活しております。

20181013-8_R

 

この性能があって、はじめて大空間の設計ができます。

 

 

リビング上部は、屋根の形なりに勾配天井。

 

階段を上がった小屋裏スペースは高いところで180cmあり十分な部屋になります。

20181013-26_R

納戸、W・I・Cを家の中心に配置する事で使い勝手を考慮

納戸は、ご家族4人で頑張って漆喰を塗っていただきました。

IMG_1986_R

 

木製玄関ドアや造作の下駄箱、木製の玄関ポーチなどのアクセントを随所にちりばめたS様らしさが溢れた家に仕上がりました。

 

20181013-3_R

一番この家を象徴し、この家に大きな印象を与えたのは

20181013-20_R

 

この造作キッチンです。

高さ、幅、奥行きの寸法はもちろん、シンクやコンロなどにも拘った唯一無二のオリジナルキッチンです。

 

自然素材で作る平屋の家にオリジナルキッチンを+One

このキッチンを中心に生活する空間があり、自然とコミュニケーションが取れますね。

LINEで送る

ウッドデッキ造り

先月、お引渡しをさせていただいた 宮代町S様宅のウッドデッキ造りのお手伝いに行ってきました。

 

S様には、家づくりの当初からウッドデッキを設けたいという思いがありましたが、全体のコストの関係から一度は断念し工事を進めておりました。

 

家の完成が近づくにつれて、『やっぱり、ウッドデッキが欲しい』という想いが強くなっておりました。ただ、コスト面の問題がありますので、色々な方法を一緒に模索しました。

 

最終的にインターネットで見つけたアルミフレームを使った物を使ってお施主様自ら造ろうという事になりました。

IMG_2377

しかし、本当にS様だけで造れるのだろうか?という事を大義名分として、興味本位で一緒に造りましょうという事でお手伝いさせていただきました。

 

なるほどなるほど、DIYが得意な方なら簡単に作れますね。

でも、最低限の道具、電動ドライバーや電動のこぎりは必須なので若干敷居は高いかもしれません。

IMG_2363

半分が出来たところで、子供たちが日向ぼっこ!

 

スタートして3時間で2.6m×0.9mが完成です。

 

午後3時に改修工事の相談があるため、S様に注意点を説明し少しの間その場を離れました。

3時間後に戻ってみると無事に完成。

 

自分たちで造ったウッドデッキは、想いの詰まった特別な存在になったと思います。

 

S様お疲れ様でした。

LINEで送る

宮代町 完成現場見学会、無事終了しました。

先週末、宮代町のS様邸の完成現場見学会が無事終了しました。

いつもそうですが、お客様との貴重な出会いの機会をいただきました。

今回の見学会開催を快諾いただいたS様、本当にありがとうございました。

 

IMG_2195

今回は「なぜ温かい家は健康の条件なのか!?」というテーマでセミナーも開催しました。

講師にはエネルギーパス協会 専任講師の吉田登志幸氏を迎え、

家の環境と人間の健康について、わかりやすく医学的な視点からもお話しいただきました。

寒い家に住むことによって起きてしまう「ヒートショック」

例えば、風呂場で溺死している死亡者は、確定しているだけでも毎年約4000人。

この数字には風呂場で亡くなる、または昏睡状態になり、病院へ運ばれた後に亡くなっている人はカウントされていません。

そのため、実際に風呂場で何らかの麻痺を起こし、亡くなっている方は毎年数万人規模に及ぶと考えられます。

これは世界的に見ても断トツNO .1の数なのです。

日本は世界有数の経済先進国であるにもかかわらずです。

 

それでも10年20年前から比べれば、日本の家もかなり良くはなりました。

最近家を建てた方が親の家と比べたりすれば一目瞭然だと思います。

でもエネルギーロスについてバランスよくしっかりと造った家は違うなぁと感じます。

今回の家はZEH(ゼロエネルギーハウス)認定住宅です。

二日間の見学会の間、一台のエアコンで家じゅうを温めて、昼間はOFFにしたりしていました。

エアコンの効きもよく、なにより居心地がよかったです。

自分たちとしても自信を持ってお勧めできる性能の家を実感することができました。

 

これからの日本、電気代が下がる要素はありません。

確実に上がっていくと断言しても過言でないと思います。

家づくりのコストを考えるとき、是非とも住んだ後のランニングコスト・メンテナンスコストを考えていただきたいと思っています。

目先のローコストを優先し、住んだ後の光熱費やメンテナンス費をたくさん払うことは楽しくありません。

どうせ使うなら自分たちの暮らしの質を上げるために使いたいものです。

そのためにも、例えば30年間の燃費計算、メンテナンスコストシュミレーションなどが大事になってきます。

そんな検討をしながら建物の規模・仕様を決めるようにしております。

 

 

LINEで送る

2月に完成見学会の宮代町S様邸がもうすぐ完成します。

2月17日(土)・18日(日)に完成現場見学会を開催する宮代町S様邸が最終工事を進めております。

 

先日には内壁の一部をお施主様ご家族に塗っていただきました。

IMG_3827 IMG_3824

ご家族にとって貴重な思い出のひと時になったのではないでしょうか。

 

 

内部の吹き抜けの足場も取れて、広がりのある空間を体感できるようになりました。

IMG_3830 IMG_3831 IMG_3836 IMG_3833 

平屋+ロフトの構成で勾配天井に無垢のパイン材を張っており、自然の木と真っ白な漆喰壁に包まれた清々しい空間になっております。

 

IMG_3840 IMG_3838IMG_3837 

ロフトに上がる階段は空間の邪魔にならないようにストリップ階段とし、視界の抜けを確保すると共に、空間のアクセントとしても素敵なインテリアにもなりました。

 

IMG_3858 IMG_3857

今回キッチンは色々と打ち合わせを進める中で作ることになりました。

木製の箱に白いタイル・カラーステンレスのシンク・卓上型ガスレンジで構成しています。

メーカーキッチンでは対応しきれない細かい要望に対応が可能です。

将来扉がほしくなったら追加できるように考えております。

 

IMG_3856 IMG_3828

一般の家ではあまり見ない壁の穴。

ネズミさんが出できそうですが、お子さんたちの動線で行き止まりにならないようにと、遊び心の提案でしたが快諾していただきました。

 

IMG_3860

外も足場が取れ外回りの工事を進めておりますが、先日の大雪にはやられました。

積んだ雪が全く解けず、結局雪をトラックで搬出して工事を進めております。

見学会の時には外構工事も終わらせて、雰囲気のある外観で皆様をお迎えいたします。

是非みなさまでお越しください。

LINEで送る

造作キッチン 宮代町 S様邸

宮代町 S様邸のキッチンは、ご要望を伺いながら打ち合わせを繰り返しました。

 

結果、造る事になりました。

 

一緒に、住設メーカーのショールームにも行きましたが、S様にとってしっくりくるものではありませんでした。

 

デザイン、素材、大きさをフルオーダーメイドで造るキッチンは、S様にとって最良のパートナーになってくれると思います。

IMG_1859

家具職人、タイル職人、設備職人、大工が関わって仕上がります。

IMG_1863

今日は、天板のタイル貼りまで完了しました。この後に、シンク・水栓・コンロ・換気扇を取り付けて完成です。

IMG_1872

 

 

完全オープンのキッチンは、奥様にとって覚悟が必要かもしれません。

でも、ご主人も子供たちもキッチンの完成を楽しみにしてくれています。

 

日々の生活の中で、このキッチンを家族で囲んで料理する姿が目に浮かびますね!

LINEで送る

断熱工事を行いました。 宮代町S邸

宮代町S邸にて先日、断熱工事を行いました。

IMG_1603


壁には、高性能グラスウール厚み105mm

天井は、高性能グラスウール厚み105mm×2=210mm

を施工しました。

 

先週行った見学会では、多くの方に来場いただきこの断熱材を実際の目で確認していただきました。

見学会に来られなかった方も、ご一報いただければ現場案内させていただきます。

 

物の性能だけではなく、施工の質も大切です。ぜひ、工事の途中を見てください。

IMG_1601

さて、この断熱材には、それはそれは沢山の種類があります。

安いものから高いもの(性能に比例して高くなります)

何が良いかって難しいですよね。

 

そこで、建てられる又は依頼しようと思っている会社にこのように質問してください。

『ZEH(ゼッチ)基準をクリアする家ですか?』

 

答えが

『はい、もちろんです』

『基準をクリアする家を作ることもできますよ』

『ZEH基準ってよくわからない』

『ZEH基準はやめたほうが良い』

 

色々な答えが返ってくるかもしれませんが、

ZEH基準の家=断熱性の高い家と考えてよいかと思います。

(ZEHについては、ネット検索してみてください。)

 

 

断熱性能の高い家といえば、こんな事が浮かぶのではないでしょうか。

夏涼しく冬温かい・家の中で温度差が少ない・高熱費が安く済む・家の予算が高い

 

この、家の予算が高いという事をどう考えますか?

贅沢だ! そんな高い家買えない。 など考える方もいるかと思います。

 

でも、断熱性能低い家を安く買うと、光熱費が高くなります。

日々、光熱費がかかるという事は贅沢ではないのでしょうか?

日々、光熱費がかかる家は本当に安い家なのでしょうか?

 

さらに、室温が低いと免疫力も低下し病気になりやすいとも言われています。

 

そして、ご存知でしょうか?

日本は、温度差によるヒートショックで死亡する人数が交通事故より多いという事を。

そして、ご存知でしょうか?

日本は、ヒートショックで死亡する人数が世界で断トツの1位だという事を。

 

これは、日本の建築業界に責任がありますよね。

申し訳ない気持ちになります。

 

家づくり舎ファミリーでは、家づくりのコストを長い目で見る事をお勧めします。

LINEで送る

見学会ご参加の皆様、お待ちしております。

宮代町の「子育ての楽しい思い出をいっぱい創れる家」の見学会がいよいよ明日明後日になりました。

たくさんの皆様にお申込みいただきましてありがとうございます。

現場でお会いできるのを楽しみにしております。

直前でもお電話いただければ大丈夫です。(tel  048-973-3536 )

 

IMG_3792

先日、宮代の現場にてタイルの柄などの詳細打ち合わせを行いました。

IMG_3793

お子さんたちはそれぞれ作品作りに夢中でした。

この後目の前の公園でお父さんと遊んで二人とも半袖になっていました。

さすが元気ですね!

 

IMG_3795 IMG_3796

現場のほうはZEH仕様を超える断熱工事が進んでおります。

見学会の時にはどんな感じに仕上がるのかを確認していただけます。

完成してからでは見られない部分ですので是非ご覧ください。

LINEで送る

宮代町 S様邸 電気配線打ち合わせ

宮代町S様邸の電気工事の最終確認をお施主様に立ち会っていただき、現場で確認しました。

契約前に図面にて内容確認はしておりますが、特に電気は現場での確認が大事だと感じております。

例えばスイッチやコンセント・照明の位置や高さなど、現場の空間に立って初めて感じる感覚が大事だと思います。

IMG_3748 IMG_3747 IMG_3746

現場の状況が美しかったので写真を撮りました。

今後ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の高性能断熱施工をしてまいります。

12月9日(土)10日(日)構造現場見学会ではその施工状況を確認していただけます。

ご興味のある方、是非ご参加ください!

LINEで送る

宮代町 S様邸 手形式

宮代町のS様邸が上棟し木工事が進んでおります。

IMG_1439 IMG_3734 IMG_3736

弊社恒例となりました手形式を現場で行いました。

今回はお施主様のアイデアで4人の手形を四つ葉のクローバーのように配置しました。

とても素敵でかわいい手形になりました。

どこに飾るか、今から楽しみです(^^)

 

LINEで送る

宮代町 S様邸 祝上棟!

去る11月9日に、宮代町 S様邸の上棟を行いました。

業務に追われて、ブログが疎かになってしまいました。申し訳ございません。

IMG_3729

上棟日は雲一つない晴天で、少し風はありましたが終日作業の捗る一日となりました。

IMG_1456

 

IMG_1460

 

IMG_1475

屋根の下地も順調に完了し、防水紙(ルーフィング)施工も完了しました。

 

 

11月も後半に入り、寒い日が続きます。気を引き締め、安全第一を心掛けて施工してまいります。

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください