自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ草加市 M様邸新築工事

草加市 M様邸新築工事

雑誌掲載していただきました!

IMG_3803

弊社も登録している「すまいポート21」vol22号の雑誌の方に、弊社設計施工の物件を掲載していただきました。

設計コンペにて選択していただいた、今年施工の草加市M様邸です。

表紙の内観写真もM様宅のLDKの写真です。

詳しくは40ページからになります。

 

コンペでのお気持ちなど、とても貴重なお話もお聞かせいただきました。

年明けには書店に並ぶと思いますので是非ご覧ください。

新居にご入居されたM様とはこれからが末永いお付き合いになります。

よろしくお願いいたします!

 

LINEで送る

草加市M様邸 新築工事 引き渡し

本日、10月7日 草加市M様邸の引き渡しを行いました。

IMG_1114

M様との出会いは、去年の11月19日 約1年前になります。

とても、人の良さが滲み出ているご夫婦という印象を受けたと記憶しています。

IMG_1092

M様と一緒に造り上げた、世界に二つとない M様ご家族にとって最良の家が出来上がったと自負しております。

IMG_1093

 

しかし、家づくりは工事の完成がゴールではありません。むしろスタートと言っても過言ではないと考えております。

IMG_1087

この先、20年後30年後 自然素材で造った家は、経年変化しM様ご家族と一緒に成長し続けます。

 

ぜひ、愛着をもって この家を可愛がってください。

IMG_1090

 

引き渡しという事で一区切りではありますが、M様とのお付き合いは始まったばかりです。

工務店として 20年後、30年後、50年後も存在し続ける責任が私達にはあります。

IMG_1101

一生涯のパートナーとして弊社を選んで頂きありがとうございます。

今後とも、宜しくお願いします。

 

 

LINEで送る

自然塗料 『リボス』を床に塗ります。

今週末に引き渡しを迎える 草加市M様邸の床に自然塗料『リボス』を塗りました。

IMG_1070

自然塗料で塗られた木は、一段と綺麗になりますね。

IMG_1072

 

M様には、見学会のご協力をいただき完成現場見学会を開催させていただき、家づくりを真剣に考えている方にも出会う事ができました。

ありがとうございます。

 

 

 

引き渡しまであと4日。

現場を監理する立場として、この最終段階は嬉しくもあり寂しくもあります。

LINEで送る

草加市 M様邸 完成目前

草加市で建築中のM様邸新築工事も今週1週間で90%完成です。

残り10%は外構工事ですが、お引渡し日までには完成できる予定で進めております。

IMG_1032

外構が未完の状態では、ありますが内部は仕上がりますので予定通り 完成現場見学会を行います。

M様のご好意により、入居前の新築住宅を内覧頂くことが可能となりました。

 

外壁は、光触媒入り漆喰左官仕上げです。コテによる手仕事がいい感じです。

 

内部の壁・天井共、ビニールクロスは一切使っておりません。床は、無垢のパイン材を採用しています。

IMG_1033

家の断熱性能は、勿論大切ですが室内の環境を整えてくれる自然素材は、住宅には欠かせない材料だと考えております。

 

今週末の9月30日(土)、10月1日(日)の2日間 AM10:00~PM5:00

ぜひ、ご来場ください。

 

ご参加希望の方は、イベントから申込いただくかお電話ください。

 

お待ちしております。

 

LINEで送る

草加市M様邸 外観

現場管理をする者として、台風は悩みの一つです。

 

今週末、大型台風が日本列島を縦断する予報があり、関東にも上陸の可能性があります。

 

足場にシートが取り付けられている状況だと風の影響を大きく受けてしまうので、足場が揺れて壁に傷を付けてしまう恐れがあります。その為、足場のシートを外す作業を行いました。

IMG_0989

 

草加市M様邸で採用している外壁は、光触媒入り漆喰 左官仕上げです。

職人の手で造り上げる壁ですから、職人さんの技量が大きく関わります。

 

 

IMG_0990

自然なコテむらで仕上げる事が多く、この雰囲気は簡単な様で難しいんんです。(すみません、この写真では伝わりませんね。)

『いいかげん』が大切です。

『いい加減』ではなく『好い加減』ですね。

 

木造住宅は、職人さんの技量で仕上がりに差が出やすい建物です。

基礎、大工、板金、左官、タイル、塗装、電気、水道、ガスなどなど 

一つの現場に 50人以上の職人さんが携わります。

 

『家づくり』において、設計や性能も大切ですが、実際に施工する職人さんの『心意気』も大切です。

 

『心意気』のある職人さんを探すって、けっこう大変なんです。

 

『心意気』のある職人さんが、家づくり舎ファミリーの仕事を請け負ってくれる。

ありがたいことです。

LINEで送る

現場での最終打合せ 草加市 M様邸

昨日、9月10日に現場で最終になる打合せを行いました。

 

行った内容は、外構とカーテンです。

 

外構は、工事着工前にも打合せを行い大筋を確定しておりましたが最終確認を行います。

色の確認や形状の確認、変更点は無いかなどが主な内容です。

特に変更も無く、確認が終了しましたが図面で確認するだけでなく現場を見て実際の距離感を感じて頂くようにしています。

IMG_0964

カーテンは、ジアスさんにお願いしました。ショールームが越谷レイクタウン駅にあるので、実際の釣り下がったカーテンで確認する事が可能です。

後日、ショールームで生地確認を頂き手配となります。

 

家づくり舎ファミリーは、着工前に一通り仕様打合せを行います。

しかし、変更が出来ないとう事ではありません。工事が始まってから現場で3回から5回程度の打合せを行います。

その時気が付いた事や、『やっぱり変えたい』など、要望を伺い双方合意の上変更を行います。

 

初めてお会いしてから 引渡しまでの間、多くの打合せを行います。

私たちはプロとしての責任と知識を持って家づくりをしますが、家族の『想い』は千差万別です。

 

その『想い』を伺い、弊社の『想い』と重ね 打合せを繰り返す事が

その『家族』にとって最良の家になると思います。

 

昨日、打合せを行った草加市M様邸の完成現場見学会を9/30~10/1に行います。

是非、形になった『想い』を見てください。

 

LINEで送る

無垢の床材を使います。

先日行った 草加市M様邸 60%完成現場見学会は、弊社での家づくりを検討頂いている方との打ち合わせの場として大変有意義な時間となりました。ご協力いただきました、M様には感謝申し上げます。

IMG_0407

現場の方は、床材を搬入し施工中です。

 

弊社で、一番多く使っている床材は 無垢パイン材 15mm(自然塗料仕上げ) です。

IMG_0406

無垢の床材を使う事に関して、皆さんはどのように考えていますか?

雰囲気が良い

足触りが良い

健康的な感じ

というプラスな部分

 

掃除が大変そう

傷やシミが気になる

コストが高くなる

などのマイナスな部分

 

このマイナスの掃除や傷・シミに関しては無垢床の特性を理解していればマイナス部分では無いと考えています。

(傷・シミは必ず起こります。その対処が可能という事です。)

 

弊社では、引き渡し時にメンテナンスボックスをご用意し、誰でも簡単に自然素材のメンテナンスが楽しめるようにレクチャーしております。

IMG_7841

 

 

もう一つのマイナス、コストについてですが、合板フローリングと比較すると 1坪あたり7,500円(当社比)違います。

6帖の部屋を無垢に変えると 22,500円の差額です。

これが高いか、安いかは価値観の問題なので断定することはできません。

 

しかし、このように考えるとどうでしょう?

 

合板フローリングは、15年後、20年後に同じように綺麗な状況を保っているでしょうか?

弊社でご依頼いただく改修工事の中には、合板フローリングを貼り換えたり重ね貼り施工のご依頼を頂くことがあります。

この工事代は、6帖間で100,000円~200,000円(状況による)くらいになります。

 

一方 無垢の床は芯まで無垢ですから、表面が傷んでもメンテナンスボックスを使って自分でメンテナンスができるのです。

つまり、貼り換えは不要 自分でメンテナンスすれば 0円です。

 

表面の仕上げが本物に見える技術は、本当に優れていて改めて『日本人って凄い』と思います。

でも、無垢材を使う理由は見た目ではありませんので『本物』が良いですね。

LINEで送る

今週末に、草加市M様邸 60%完成現場見学会です。

今年は、梅雨らしい日がほとんどなく 水不足が心配ですね。

IMG_0292

水だけではなく、この暑さの影響は職人にも影響を及ぼしました。いつも元気な、弊社自慢の大工 林さんが、調子を落とし少し工程を変更いたしました。

体が資本の職人さんといえ、急激な猛暑続きは 厳しいですね。

IMG_0362

しかし、今週末に行う60%完成現場見学会には見て頂きたい工事はギリギリ間に合いました。

今日で、電気配線工事が完了し 明日・明後日の2日間で 断熱工事を行います。

 

壁の裏側を見せられるという事は

『施工の内容に自信がある』

『施工の質に自信がある』

『施工中の清掃状況に自信がある』

 

ぜひご来場ください。

LINEで送る

恒例の手形式

先日、草加市柳島のM様邸の手形式を行いました。

恒例となりました手形式ですが、毎回皆様に喜んでいただいております。(^^)

 

無垢の一枚板の木に朱色の手形と墨の黒色がバランスがよく、とてもいい記念の品になります。

完成後の家の中に飾る方、小屋裏に収納する方の二つに分かれますが、どちらにしましても思い出の詰まった最高の一品です。(自画自賛)

 

IMG_3260

奥様が筆にてご家族の名前をひとつひとつ、心を込めて記していきます。

 

手形式(編集済)

おじいちゃん・おばあちゃんにも参加していただき、七つの手形が仲良く並びました。

皆さんいい笑顔でとてもいい写真が取れました。(^^)

今回はロフト階の壁に飾ることにしました。

 

 

IMG_3261

合わせて外壁の色を打ち合わせしました。

弊社お勧めの光触媒入りの漆喰仕上げです。

水分を弾く性能を備えていて、本当に汚れが付きません。

「長~い目で考える家づくり」をテーマの一つにしている弊社として、とてもお勧めの商材です。

最終的には外壁と同じように垂直に立てて色を検討し、ご家族みんなで相談しながら決まりました。

 

LINEで送る

草加市 M様邸 上棟しました。

去る、6月1日 草加市 M様邸が上棟いたしました。

(ブログ更新が1週間遅れてしまいました。)

 

当日の天気予報は朝方に雨マークがあり、早朝ドキドキしながらカーテンを開けると・・・幸い曇り!

IMG_9998

暑くもなく、上棟には最良の陽気になりました。

IMG_0001

M様邸は、レッカー車での作業ができない為、主に人力で棟上げをします。

IMG_0004

梁を縄なども使いながら2階の高さまで持ち上げ、組み上げていきます。

 

IMG_0015

2階には、24mmの構造用合板を施工します。これをしっかり施工しないと、耐震性がとれません。

 

合板は、あまり水に濡らしたくありません。過去にも色々と防水処置を行ってきましたが、近年は、撥水材を散布する方法を採用しています。この撥水材は、人体に無害で滑りにくいという優れもの。

 

撥水材の散布が終わり、昼休みに入るため2階から降り始めると、ゲリラ豪雨がやってきました。

幸い、職人さんも道具もたいして濡れる事なく、合板も撥水効果で問題ありませんでした。

IMG_0019

 

午後のスタートには雨も上がり、日差しも出てきました。

IMG_0021

IMG_0027

2階の小屋組み、登り梁まで完了。無事に上棟できました。M様のご両親も来られ、梁の大きさや柱の多さなどにも関心していただきました。

 

そして、昨日屋根の下地が完了し 防水紙を施工しております。これで、雨の影響をかなり軽減できるので一安心!

IMG_0102

 

IMG_0105

これから、梅雨に向かっていきます。段取りよく安全第一でM様邸の工事を進めて参ります。

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください