自然素材・高気密高断熱の注文住宅|埼玉県越谷市の家づくり舎ファミリー

Homeブログ松伏町 F様邸新築工事

松伏町 F様邸新築工事

blogImg

気密工事の仕上がりを見て、美しいと感……

今週の日曜日(12月19日)と翌週の土曜日(12月25日)に断熱工事見学会を開催する現場では、あと1日で断熱気密工事が完了します。気密防湿シートを丁寧に、出来るだけシワにならなように施工しています。流…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

高気密高断熱の施工品質は、数値だけで……

松伏町F様邸では、断熱工事が順調に進んでおります。断熱性能を測る外皮平均熱貫流率 UA値は、屋根・壁・床(基礎)に使われている断熱材の種類・性能・厚さと、サッシの性能を踏まえて算出されます。しかし、現…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

電気配線の打ち合わせは、現場を見なが……

松伏町F様邸の電気配線の打ち合わせを現場で行いました。工事が始まる前の段階でも電気配線図をお渡ししており、検討しご要望も伺っていました。 しかし、それでも現場で電気配線の打ち合わせは必ず実施…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

体力面材にも気密テープを貼ります。

松伏町F様邸では、耐力面材の施工が完了しています。この白い壁は、家の耐震性を向上させるために使われる素材で、弊社ではモイスTMという製品を採用しています。写真だとわかりにくいかもしれませんが、板と板の…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

屋根下地の造り方で、耐久性が変わる(……

屋根下地の造り方で耐久性が変わるって考えた事ありますか? 木造軸組み在来工法の屋根下地作るには、垂木(たるき)と野地板(のじいた)が必要です。その垂木は、何の木が良い?野地板には何が良い?と…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

松伏町F様邸の上棟。

去る、10月23日土曜日は、雲一つない快晴となりました。バックに広がる青空、最良の上棟日和ですね。前日は、1日雨だったので足元がぬかるんでおりますが、鉄板と養生の効果で問題なく作業が始まります。最初に…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

耐震等級3の基礎完成まであと少し(松……

去る、先週末に基礎を貫通するスリーブの施工と、立上りの枠組みが完了しました。排水管や給水管は基礎の耐圧版を貫通させて、地中に埋設されている作り方が一般的ですが、シロアリ侵入の可能性がある部分ですので、…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

耐震等級3の配筋組み完了です。(松伏……

現在、基礎工事中の松伏町F様邸の配筋組みが完了しました。許容応力計算による耐震等級3を確保した基礎は、地中梁が必ず施工されます。 でも、それは許容応力計算をしたからという理由ではないんです。…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

松伏町F様邸の地盤補強としての転圧作……

掘り下げた土を埋め戻しながら転圧する計画で始まりましたが、土を入れ替えて埋め戻す事に変更しました。掘り下げた土は、粘性が強く湿ると転圧が出来ません。前回のブログでも書きましたが、畑だったんですけどね。…

続きを読む

LINEで送る

blogImg

松伏町F様邸の基礎工事がはじまります……

先日、地鎮祭を行った松伏町F様邸の基礎工事が始まりました。ここの土地は、元々畑をして使われていました。地盤調査の結果、表層面に軟弱な層があり計画GLから50cm下まで掘り下げて転圧をする事で、杭工事が…

続きを読む

LINEで送る

現場見学会のお知らせ 家づくり舎 家づくり舎