自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ谷田貝 ブログ

谷田貝 ブログ

長い目で考える家づくり【家の燃費】

今週の火曜日 9月5日 日本エネルギ-パス協会の代表理事である今泉さんのセミナーがあり、参加させていただきました。

とても有意義なセミナーで、弊社としてお勧めしている家づくりが間違っていないと再認識できました。

IMG_0957

弊社がお勧めする家は 長い目で考える家づくりです。

その中の大切な要素の1つとして『家の燃費』があります。

 

なぜ、車や家電の燃費を気にして購入するのに家の燃費の事は考えないのでしょうか?

家は買って終わりではありません。むしろ、買ってからが始まりです。

 

日本の光熱費は平均 【年間 25万円】 だそうです。

(平均ですから、30万円、20万円さらにもっと安い人もいるかとは思います。)

 

仮に30年間住み続けたら

25万円 × 30年間 =750万円

あくまでも、平均ですが30年間で750万円も電力会社やガス会社に支払っているという事です。

 

凄い金額ですね。

 

 

この費用を抑える方法が2つあります。

①我慢する。

②断熱性能の高い家を造る

 

日本の多くの家庭では①を採用していますね。(採用という言葉は適切でないかもしれませんが・・・)

②を考えた事はありますか? そんな予算無いとか、贅沢とか思われていませんか?

 

 

 

『②断熱性能の高い家を造る』事は、長い目で考えると『①我慢する』事より安く済みます。

家づくりの資金計画には、30年後までのランニングコストも含めて考えてくださいね。

 

Yatagai

LINEで送る

2017年9月7日

太陽光パネルの不良

今から、約4年前に施工を行った太陽光パネルの発電量が年々下がっているとの連絡をお施主様から頂き、調査を行いました。

IMG_0329

結果、2枚のパネルが不良品で急激に発電量が低下している事が確認できました。

IMG_0330

メーカーの保証でパネルの無償提供をいただき、本日交換。

IMG_0331

パネルの不良品がでる確率は非常に低いそうです。施行してくれた職人さんも数えるくらいの経験しかないとの事。私は初めての経験でした。

 

2枚だけのパネル不良ですが、電気の性質上 不良パネルがある回路全体が下がってしまいます。

 

発電量としては全体で約10%下がっていました。

 

設置後、発電量が正常な事を確認し完了しました。

 

 

太陽光発電を設置して半年、1年と経過すると発電量をチェックする事をしなくなってしまう人が多くいます。例外なく私もその一人。

しかし、保証してくれるのはパネルだけなので、気が付かなかった期間の発電量の目減りは保証してくれません。

 

たまには、発電量をチェックした方が良いですね。

LINEで送る

2017年7月12日

光触媒入り漆喰の性能

家の外壁材には、多くの種類があり日本で一番多く採用されているのはサイディング貼りかと思います。

 

家づくり舎ファミリーでは、モルタル下地での施工をお勧めしています。

 

その上に使う仕上げ材にも色々な物があります。

ジョリパットと呼ばれるアクリル系の仕上げ

塗装による仕上げ

漆喰などの自然素材

 

 

 

弊社では、スイス漆喰やスペイン漆喰などの西洋漆喰を多く採用してきました。

西洋漆喰の大きな特徴は、強アルカリ性で汚れを分解してくれ雨だれが付きにくく、塗り替えが不要という優れもの!

 

しかし、一つ欠点がありました。水を吸い込む性質上軒の出ていない家や外構(塀など)には不向なのです。

 

それでも、3年前に建てた家の外構にはあえてスペイン漆喰を採用しました。

洗うとある程度 綺麗にはなってくれますが3年目でこんな感じです。(家の方は、綺麗です)

IMG_8809

まぁ、個人的にはこの程度の汚れは気にしないのですが、他の人には勧めにくい感じです。

 

他に良いものはないかなぁと考えていたタイミングで、『光触媒入り漆喰材』の存在を知りました。

 

しかし、メーカーの話し鵜呑みというのは嫌なので 実験開始!

IMG_8810

いつも、いい感じの仕上げをしてくれる柿本左官さんに、材質の事や塗り易さなどの吟味も兼ねて塗り替え。

 

そして、施工してから7か月が経ちました。

IMG_0289

門柱に関しては、雨だれも無く綺麗な状態を維持しています。

 

ちょっと分かりにくいのですが、階段も塗り替えました。少し雨だれがあります。

最初の写真を見て頂けるとわかるのですが、球竜を植えていました。

雨が降れば、必ず泥水です。さらに、日々泥だらけの靴が走り回る環境のここだけは、ちょっと過酷すぎましたね。

 

先日、完工した岩槻区Y様邸でも採用し 現在工事中の草加市M様邸でも採用が決定しています。

サイディングなどと比べると少し費用がかかりますが、塗り替えが不要だとしたら、綺麗な状況を維持してくれるとしたら・・・

 

家のコストは長い目でみてください。

本当のローコスト住宅とは、

イニシャルコスト+ランニングコスト(光熱費・メンテナンス費)×30年

の総額が安くなることだと思います。

 

 

 

 

LINEで送る

柏市F様邸改修工事 無垢ナラ材の施工

先週から床材の施工が始まっております。

 

今回、採用した床は無垢ナラ材です。お施主様のご要望と使い勝手、予算を考慮してお勧めさせていただきました。

弊社でよく使うパイン材などの針葉樹と比べ、少し堅い木です。節が無く、表情に特徴があります。

IMG_8102

 

日本は、家に靴を脱いで上がる文化です。素足で心地よいのも自然素材の特徴の1つですね。

 

Yatagai

LINEで送る

増築工事中 柏市F様邸

9月1日に増築部分の構造材を組み上げました。既存部分の外壁や屋根の一部などを剥がしながら進めていく為、大変な作業ではありましたが無事に組みあがりました。

IMG_8053

天候に恵まれ屋根の下地処理も完了しており、なんとか構造材や既存部分が濡れずに進められております。

IMG_8060

IMG_8078

サッシも 本日取り付けが完了します。

ここまでくると、天候の影響を受ける工事が少なくなり、天気予報を確認する回数が減り、一安心。

と思っていると台風13号が発生とのニュースが・・・対策が必要ですね。

Yatagai

 

 

 

LINEで送る

これからの家づくり。

去る7月26日にYKKが主催する ZEH(ゼッチ)についてのセミナーに参加してきました。

 

IMG_7855

今、建築業界はZEH(ゼッチ)に向けて急速に進んでいます。

 

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、

年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅

 

かしこまった文章ですね。要約すると、省エネの家に住んで 自分で使ったエネルギーを自分で作ってください。という感じです。

 

2020年には、ZEH仕様の家を新築のスタンダードにするという国の指針が決まっています。

あと4年です。

弊社としては住まいの断熱性・省エネ性を上げることと太陽光発電などは以前から取り組んでいた事で、ZEH仕様の家を造る事はすぐにでも可能です。

 

しかし、ZEH仕様はイニシャルコストが上がり、ランニングコストがさがるという事を理解する必要があります。(家を20年、30年、50年と住めば間違いなくトータル予算は下がるのですが・・・)

 

誰でも、家づくりの最初にかけられる総予算は決まっています。予算をZEH仕様最優先で良いのでしょうか?

 

家づくりの資材コストは、流通や生産が変わって初めて下がります。できる限り早くZEH仕様を普及することはとても良い事なのですが、このスピードが建築主さんの負担になるのではないかと考えてしまいます。

 

もちろん、国からの補助金や減税などもありますが、全てはまかなえません。

 

私たちは、ZEH仕様を理解した上で、それぞれの家族の価値観を理解し 最良の提案を心掛ける必要があると、改めて感じております。

LINEで送る

2016年7月29日

小さな地震対策 大きな効果

1年前にお引渡しをさせていただいた川口市S様より、『地震の時に食器棚が開かないようにしたい』という相談をいただきました。

 

地震に反応して扉が開かないようにしてくれる 耐震ラッチという製品があります。なかなかの優れもので、地震でロックがかかり収まると自動でロックが外れます。

IMG_7849

部材は小さいですが、地震の時に被害を軽減してくれます。IMG_7851

 

私たちは、家を造る上で構造面にも配慮し安心して住んでいただけるよう設計・施工しております。しかし、今回のご依頼内容を新築当時に提案できていなかった事は、細部の配慮が足りなかったからです。

住んでいる方々の声をもっと拾い上げ、意匠性や構造に 今以上の細部への配慮が必要であると感じさせていただきました。

LINEで送る

ウッドデッキの造作

ウッドデッキが端まで欲しいという要望が家族からあり、『それじゃあ 造るよ』と言ってしまったのが、いつだったか忘れてしまうくらい月日が流れ ようやく造りました。

私は、案を考え図面を作成し 指示をする事が主な仕事です。手先が器用なわけでもないのですが、数年前から趣味は日曜大工かなという感じになっています。

 

IMG_7320

新築当時に大工さんに造ってもらったウッドデッキを延長します。

下が土なので、モルタルと余ったタイルを使って土間を造ります。

 

IMG_7497

その上に、ウッドデッキを増設しました。塗装の少し濃い部分が新たに造った部分です。

 

まぁ、素人としては上出来 プロとしてはお金を頂戴するのが申し訳ないという範囲の仕上がりになったかなと思ってます。

 

わが家族には好評だったので、それ一番ですよね。

LINEで送る

2016年7月19日

自然素材の家 お手入れを楽しむ。

自然素材の良さは、意匠性だけでなく機能性やメンテナンス性もあります。

『私達が建てさせていただいた方々は、メンテナンスを上手にできているだろうか?改めて考えてみると、説明をしているつもりでも実践できていないのではないか。』と考えました。

このような経緯からメンテナンスボックスを作ろうと考え、ついに完成しました。

IMG_7840

材種はナラで造り、中にはメンテナンスマニュアルも同封します。

中身は、漆喰・珪藻土・自然塗料・サンドペーパー・メラミンスポンジ・エタノールスプレー・霧吹き・歯ブラシ・木のへらとスプーン・ウエス

実際に使った材料と、どこでも買えるような物ばかりです。

IMG_7841

無垢の床や塗り壁は、日本で最も多く使われている 合板フローリングやビニールクロスと比べると 傷が付きやすかったり汚れやすいという事もあります。しかし、自分で補修はできません。無垢の木や塗り壁はこのメンテナンスボックスがあれば自分で補修ができます。さらにお手入れをしていただければ、10年後・20年後にはその成果を家の表情として返してくれます。

リビングからダイニングキッチンの眺め。ダイニングを抜けて2階への階段があります。

自然素材で造った家の良さは、住む家族と一緒に成長することだと思います。そのためにもお手入れを楽しんで、家に愛着を持っていただきたい。

 

そんな思いを込めて作ったメンテナンスボックスが、家とその家族の橋かけになってくれる事を期待しています。

 

Yatagai

LINEで送る

2016年7月16日

熊谷市の外装塗装とメンテナンス工事

熊谷市M様邸のリフォームの依頼をいただきました。

IMG_5946IMG_5950

本来エリア外なのですが、弊社にご連絡を頂いたきっかけがご紹介である事と、家の状態があまり良くない印象があったので、M様がよければという事で現地調査に伺いました。

 

築年数が20年くらいの外装工事は、知識不足で施工しているケースをよく見かけます。M様宅も安易な施工をしている事が原因で雨が壁の中やバルコニーに入り込んでいました。バルコニー壁の内部に長年入り続けた雨の影響で下地の木が腐っている状況で、サイディングの痛みもひどく下地から交換する必要があります。費用もそれなりにかかってしまいますが、今施工しておかないと転落事故になる恐れもありました。その他の壁は幸い浸入した水の逃げ場があったため補修工事程度で大丈夫です。

 

補修・改修の必要がある部分の説明とご要望を踏まえ、見積りと対処方法の説明をご納得いただき、工事が始まりました。

IMG_6801

最初に行うの場、バルコニー部分の解体工事です。剥がしてみると、最悪の想定までの状況ではありませんでしたがそこそこ痛んでいます。

IMG_6811

交換と補強を行い、防水施工をしっかり行います。最後に今のサイディングに近い柄で仕上げて床の防水工事も施工しバルコニーについて完了です。この間に雨が降りましたが、大工さんがしっかり雨養生してくれたので問題ありませんでした。

IMG_6843

その後に、コーキングを撤去して新しく施工します。このコーキングの施工部位と方法が悪く壁に雨が浸入していました。横から強い風が吹いた時だけ雨が家の中まで入ってくるという事でした。上の写真が施工前で下の写真が施工後です。何が違うか、解りますでしょうか?板金水切りの上までコーキングをしています。それだけ?と思うかもしれませんが、とても重要です。

IMG_6914

 

壁のヒビなどの点検や、屋根の下地の確認を行い補修をしてから 屋根と壁を高圧洗浄します。

IMG_6983

IMG_7007

 

最後に、現場で色の打合せをした塗料で全体を仕上げ完了です。

リフォームの相談を頂く事が、年々増えてきました。どこに頼んだら良いのかわからないというお話しを良く聴きます。本来は、建てた会社が一番家の事を理解しているはずで、安心だと思います。しかし、建てた工務店が倒産したり、跡継ぎが無く閉めたり、存続しているけど色々な理由で頼みたくないなど色々な事情があるかと思います。

リフォームのご相談や、OBの方からのアフターなどの連絡をいただくと、『継続・継承』の大切さを感じます。

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください