自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ足立区Y様邸(改修)

足立区Y様邸(改修)

太陽光発電は得か?

現在、改修工事をさせていただいている足立区Y様宅にて太陽光発電設置のご依頼を頂き、設置工事を行いました。

IMG_8115

 

太陽光発電は、今から6年前に補助金制度と固定買取制度が始まり急速に広まりました。

さらに、再生可能エネルギー固定買取制度により10KW以上の発電は20年間固定買取も始まり、屋根の上や利用しなくなった田畑・山などにたくさんの大容量ソーラーを設置する人が増えソーラー設置専門会社が増え、ソーラーメーカーも増えていきました。

しかし、補助金制度が終わり固定買取制度の金額も下がった為、当時のメリットは無く 需要が落ち着いているかもしれません。

 

それでは、もう太陽光は意味がないのでしょうか?

『得をする』という方向から考えると厳しいかと思います。

しかし、『損をしない』とい見方をすると検討する余地があるのではないかと考えております。

 

太陽光サーチャージという言葉をご存じでしょうか? 簡単に説明すると太陽光発電により固定買取額を日本国民及び日本企業で負担しましょうという制度です。

知らない人も多いかもしれませんが、電気を使っている人は関わっています。東京電力からの請求書の中に『再生可能エネルギー発電促進賦課金』という項目があり一般家庭ですと300円~800円くらいの金額が徴収されています。

 

負担額は、ご自身で使った電気量 1KW当たり2.25円という計算がされます。例えば月に250KW 使った家庭は、250×2.25=562  562円になります。

今は、この程度ですが再生可能エネルギーは太陽光が普及すればどんどん増えていきます。

これからは、ZEH(ぜっち)と言って自分で使ったエネルギー分を自分で作るゼロエネルギー住宅を目指すという国の指針も決まっています。

 

みんな負担するのであれば、太陽光が乗っている事は関係ないと考える方もいるかもしれません。

そうでもない部分があります。自分で使ったエネルギーに対して負担額が決まるのですから太陽光発電を乗せて電力会社から買うエネルギーを減らせば負担額が減るのです。

さらに、将来的に電気代は今より上がる傾向にありますから、自分で作ったエネルギーを使った方が安く済みます。

 

このように考えてみると、太陽光を乗せる事が、将来に高い金額を払わなくて済む事になり『損をしない』という見方に結び付くのではないかと考えています。

 

 

誤解しないでいただきたいのですが、【急いで太陽光を乗せましょう】という事ではありません。

 

家づくりやリフォームを考える中で、目先だけにとらわれず、長い目で物事を判断してほしいという一例です。

今後の参考になれば幸いです。

Yatagai

LINEで送る

安全な防蟻工事

足立区Y様より、シロアリについてのご相談がありました。

床下に潜り一通り点検いたしましたが、問題ありませんでした。床下の環境も良好で、乾燥しております。

IMG_7756

写真も撮り、Y様にもご説明いたしました。

 

しかし、『今まで大丈夫だったけど今後が心配』 という事お話しを頂きました。

 

ご要望を考慮し人に無害なホウ酸の防蟻工事をお勧めしました。少しコストがかかりますが、長期に効果があります。

さらに、ゴキブリも退治してくれる優れものです。

 

内容と予算をご了解いただき、施工を依頼する日本ボレイトさんに現地調査を本日行いました。

IMG_8006

建物の周りから床下までをデジカメで撮影し、テレビを使って丁寧に説明してくれます。

床下が掃除したみたいに綺麗ですねと潜った方に、お褒めいただきました。(ちょっと自慢です)

 

ご興味のある方は、以下のHPをご参照ください。

https://borate.jp/index.php

 

LINEで送る

外装改修工事が始まりました。

平成14年にお引渡しをさせていただいた、足立区Y様より外装改修工事のご依頼をいただきました。

IMG_7896

足場を掛けて高圧洗浄が終わったところで、足場にのぼり点検を行います。経年経過に伴い、屋根材や外壁材に少しクラックが入っております。

IMG_7924

他にもトップライトのコーキングも固くなっているので交換します。

IMG_7931

 

 

 

最近は弊社で建てさせていただいた方以外の改修工事も増えてきました。OBの方や知人・職人さんから紹介も多く、大変ありがたい事です。

 

日本に空き家は820万戸もあるのをご存じですか?

愛着の持てる家が多ければ、もう少し減少するのではないかなと思います。

 

家の性能ばかりがクローズアップされる時代ですが、他にも家には大切な事がたくさんあります。この愛着もその1つではないでしょうか。

家づくりや改修工事を考えている皆様へ、 「あなたらしいこだわり」の+Oneを取り入れて 愛着のある家に住んでください。

 

Yatagai

LINEで送る

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください