自然素材を活かしたオーダーメイドの家

家づくり舎ファミリー

tel. 048-973-3536

自然素材、ナチュラルモダンをオーダーメイドで建てる家づくり舎ファミリー。

ブログ

Homeブログ栃木県野木町K邸改修工事

栃木県野木町K邸改修工事

野木町 K様邸改修工事 完了!

先週の土曜日4月15日に、1月16日から始まった野木町 K様邸改修工事が完了し お引渡し(ご挨拶)させていただきました。

 

当初より、工期が延びてしまいご迷惑をお掛けしてしまいました。申し訳ありません。

 

しかし、K様からは喜びのお言葉を頂きありがたい限りです。

 

 

ビフォーはこんな感じでした。

IMG_6617

 

IMG_2392

 

30年前の日本家屋ですね。良い仕事をされている家でしたが、残念ながら断熱を軽視して施工されていました。耐震性は当時の基準では打倒な範囲という感じです。

 

耐震性・断熱性を向上し、より一層 『我が家』に愛着をもって貰えるように意匠を考え設計しました。

 

IMG_9488

玄関引き戸とポーチのタイル、照明器具も一新しました。

 

IMG_9490

IMG_9500

玄関に入ると右手の壁に照明と飾り棚を設けました。一部塗り方を櫛引ウェーブで仕上げております。左手は下駄箱を取り外し、壁も取り外しシューズクロークになりました。

 

 

IMG_9491

上がって、左手が客間の入り口です。無垢の木でオリジナルで造りました。床材は、無垢の西南桜です。(客間が10cm高くなっていたのでバリアフリーに作り変えています)

 

IMG_9537

IMG_9528

IMG_9518

客間は、元々は真壁の純和風でした。

広縁までを1つの空間にして障子の上に間接照明を配置。中心にはオリジナルの堀り座卓を造作しました。(堀り部分に蓋ができ、座卓も収納できます)

床の間横には、書院がありましたが建具だけを移設しました。

 

IMG_9346

IMG_9348

キッチンを入れ替え、壁は白い横長のタイルを貼りました。

キッチンの背面には、パントリーと造作カウンターを設け、その先に見えるのが廊下との間に設けた明かり窓です。

 

IMG_9340

和室は、畳入れ替え・襖張替え・壁塗り替えを行いました。

 

 

IMG_9496

2階の洗面もオリジナル造作で、鏡の裏側も収納として造りました。

 

K様とは、時間を掛けてじっくりと打ち合わせをさせていただきました。その過程や想いが良い仕上がりにさせてくれたと思います。

今後も、『我が家』に愛着をもって住み続けていただけたら幸いです。

 

LINEで送る

内装仕上げは、自然素材が安くすむ。

内装仕上げには、出来る限り自然素材での塗り壁をお勧めしています。

 

現在、工事中の野木町 K様邸改修工事では、クロス工事は全くありません。岩槻区 S様邸改修工事は、店舗の意匠関係などもありますが、約半分が自然素材による塗り壁を採用しています。

IMG_9195

 

『自然素材の塗り壁は、高いし お手入れが大変だから クロスで十分。』という意見もあるかもしれません。

IMG_9272

しかし、本当は『塗り壁は、長い目で考えると安く お手入れが自分でできる』  意匠や機能性だけでなく こんな特徴もあります。

 

塗り壁は、クロス工事と比べて、2倍から2.5倍の費用が掛かると言われています。

例えば、家の壁・天井が 300㎡あるとします。

クロス300㎡×1500円 =   450,000円

塗り壁300㎡×3500円 = 1,050,000円

差額600,000円  決して安くはありませんね。

(弊社は、もう少し差額が小さいです)

 

しかし、10年 15年 30年と住む中でクロスの貼り換えも出てきますよね。

貼り換え費用は、剥がして処分したり、物の移動をしたりを考えると 差額と同じくらいかかります。

 

これを何回繰り返すでしょうか? 

 

さらに

クロス貼りの家と自然素材塗り壁の家は、空気が違います。

空気環境は、空気清浄機があれば大丈夫と考えていませんか?自然素材で造った家を体感する事をお勧めします。

 

 

もう一つ、塗り壁のメンテナンスについてです。

ビニールクロスと違い、雑巾がけは出来ません。しかし、静電気が起きないので黒くなったりしません。

はたきや掃除機で直接吸ってもらえば綺麗になります。

傷の補修も自分で出来ます。家づくり舎ファミリーは、お施主様にメンテナンスボックスとメンテナンス方法を差し上げてます。

 

 

自然素材を使った家づくりをされていない会社に行くと、『自然素材はお手入れが大変ですよ。しっかりコーティングしないと』と言うのかもしれません。

たしかに、目先の掃除はビニールクロスやワックスのかかった床の方が拭いて綺麗になります。

 

その綺麗さって何年持つのでしょうか? 10年? 15年? その後はどうするのでしょうか?

 

しっかりコーティングされた家は、新築時が一番 綺麗ですが 年々・・・

自然素材で造った家は、新築時の良さもありますが 20年後、30年後には、住む人と一緒に 素敵な経年変化をしてくれます。

20150418 (17)_R

弊社で10年前に造った家の現在の姿です。今でも、この家が大好きで愛着をもって住んで頂いています。

 

【自分の家が大好きで、愛着を持てる】  これが、家の寿命を長くする一番の秘訣かもしれませんね。

LINEで送る

リフォーム工事こそ、設計士の力が必要です。

改修工事は 本当に難しいというか大変というか、神経使いますね。

大工さんの知恵もお借りし、野木町のK様宅改修工事も今月中には完成できそうな見通しが立ってきました。

 

玄関と客間には 桜の木(無垢材)を貼ります。無塗装品なので、真っ白ですが自然塗料で仕上げると優しい赤身の色合いに仕上がります。

IMG_9132

 

 

 

近年、空き家問題も取り沙汰され、新築需要も下がっています。その影響なのか、リフォーム会社が増えたり地場の工務店がリフォームを請け負っている事が多いように感じます。

 

弊社でも、リフォームの仕事が増えております。(リフォームはほとんどがご紹介ですね)

 

 

現在、工事中のK様宅は 昭和59年に建てられた家です。建築基準法などの問題で、耐震が不足していたり、断熱不足などもあります。

しかし、それだけではありません。この時代は、家は建てれば売れました。人手が足りず、技術が足りない職人も一人前の仕事をしないと 需要に供給が追い付かなく 半人前の職人や無知な会社がたくさん出来た時代になってしまったように思います。

 

そんな人達が造った家には、技術・知識・配慮が足りません。

この不足部分を補う事も考えてリフォームをしないと、家の延命には繋がりませんよね。

K様宅は、技術はありました。工務店としての知識・配慮もありました。でも設計士が考える知識と配慮は足りませんでした。

 

この時代は、断熱材を軽視し、自分の技術を優先する為に、軽視している部材の質を下げたり、使い勝手をあまり考えていない傾向があります。

さらに、20年後、30年後の事も考えてないように思います。

 

もちろん、私なんかが足元にも及ばないくらい、考えている家もたくさんあります。

 

 

 

良い家なのか、悪い家なのかって 表面だけではわかりませんよね。

 

リフォームだから、設計士は関係ないと思われる方も多いと思いますが、リフォーム工事こそ設計士の知識・配慮が必要だと思います。

LINEで送る

家の断熱を考える。

栃木県野木町で改修工事を行っている家は、昭和59年に建てられたました。

 

世の中には、断熱材を壁・床・天井に施工する為の考え方も製品も存在する時代です。

IMG_8831

しかし、K様宅は 

床の断熱材施工率   0%

壁の断熱材施工率  30%

天井の断熱材施工率 60%

 

当たり前ですが、全てが100%でなければ意味がありません。

たった30年前には、このような状況の家が普通に新築されていました。以前、ブログに書きましたが私の実家も同じ時期に建てられ同じような断熱施工率です。

省エネ基準法は、施行さている時代なんですが・・・

IMG_9049

 

IMG_9048

 

 

 

ところで断熱材には種類がたくさんあるのをご存じですか?

 

K様宅で採用しているグラスウールは、日本の8割くらいの家で採用されています。

他にも、弊社でも採用している 発泡ウレタン現場吹き付け・セルローズファイバー  他にもウレタンフォーム・羊毛など

さらに、断熱材の位置によって 充填断熱、外貼り断熱という違いもあります。他にも〇〇工法なんてのもありますね。

 

色々な会社が、色々な断熱方法を採用し お互い批判したり 自分の方法を自慢したりします。その情報がネットにあふれ、書店にも並びます。

情報収集すれば、するほど 何が良いのか判らなくなってしまいますね。

 

どんな断熱材でも工法でも絶対に必要な事があります。

 

それは、『施工の質』です。

 

 

ぜひ、壁に隠れて見えなくなってしまう部分にも目を向けてください。

 

 

 

LINEで送る

お風呂改修工事の重要性

現在、改修工事を行っている 野木町K様邸のお風呂を解体しました。

IMG_6628

ユニットバスの無い時代です。当たり前のようにタイルとモルタルを使ったお風呂。

 

ユニットバスに対して在来風呂と呼んでおりますが、この在来風呂の問題点を挙げると『寒い』というのが一番かと思います。

断熱材が無い状態でタイルやコンクリートなどの材料で造ると外気の寒さがそのまま伝わり、とても寒い空間になります。日本で脳梗塞死亡率が高い理由の1つですね。

 

もう1つ大きな問題があります。それは、木の下地に水が浸入し腐るという事。

IMG_8864

今の時代は、防水に優れた方法も色々考えられるので心配いりませんが、今から20年以上前の在来風呂の過半数は防水性が低いといっても大げさではないと思います。

IMG_8874

そして、K様宅のお風呂を解体してみると  『柱が無い!・土台が湿ってる』  想定通りです。

この後、しっかりと補強します。

 

お風呂が寒いという理由だけでなく、家の倒壊を防ぐ為にも築年数の経った在来風呂は、点検をお勧めします。

LINEで送る

耐震工事と制震金物を使い地震対策!

先週の月曜日から始まった野木町での改修工事では、耐震診断を行い現行基準に沿った倒壊の心配がなくなるように補強工事を行います。

耐力壁や金物の追加・補強を行うため、壁・床・天井を剥がし進めていきます。

IMG_8791

構造材が見えてくると、お預かりした図面との相違点も確認でいます。例えば 柱がなかったり、図面に無いところにあったり、耐力壁になっていなかったり、想定よりしっかり施工されていたりプラスマイナスありますが、K様邸は当時の平均と比べると『良い仕事をしている工務店』という印象を受けました。

 

しかし、いくら良くても当時の基準が余りにも軟弱である為、補強は必要です。

 

耐震診断から計画した補強方法で施工が可能かをチェックします。梁の形状や金物の関係で一部場所を変えますが、計画同等の補強工事が行えることが確認できました。

 

そして、今回は耐震だけでなく制震も取り入れての補強工事を行います。

IMG_8829

 

IMG_8836

写真にある大きな黒い金物が制震金物(ガルコン)です。全部で50か所に設置し、地震の時に揺れを軽減する働きをしてくれます。

 

 

 

 

断熱工事も並行して進めます。ちなみに、現状は床下の断熱材が無し、壁は施工できるところだけ、天井は南側の下屋根だけ施工していないという状況でした。

色々思う事はありますが、断熱工事が進みましたら改めてブログに更新します。

 

YATAGAI

LINEで送る

大規模リフォーム工事、着工です!

栃木県野木町にて築30年を超えた木造住宅の大規模リフォーム工事が本日始まりました。

IMG_3082

 

弊社OB様のご親類のご家族で、ご紹介により実現した工事になります。

本当にありがたいことです。

Y様、ありがとうございます!

 

IMG_3081

今回の内容は外部はいじらずに、内部を構造や断熱なども含めて徹底的に改善します。

打ち合わせの期間を利用して、夏から冬の期間の既存宅の温度・湿度を計測しました。

リフォーム工事が完了して、同じように計測してみてどんな変化があるのかを検証してみたいと思います。

データが取れ次第、ご報告いたします。

どうぞ、お楽しみに~

 

IMG_3079

まずは内部の解体からです。

テレビのビフォアアフターでおなじみですね。

構造補強や断熱材施工の為、壁や床のほとんどを剥がします。

 

IMG_3080

10帖の和室と広縁の客間は、造り付けの掘りごたつ付きの和洋折衷の広々とした客間に生まれ変わります。

掘りごたつにぴったりの座卓はこたつ内に収納できるように設計しました。

これ以外にも色々と工夫を凝らしていますので、どうぞ完成をご期待ください!

LINEで送る

家づくり舎 家づくり舎

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください